ピクシブ百科事典

女房

にょうぼう

現代では、「妻」「嫁」「奥さん」のことさす。 平安時代などでは、私生活にまで及ぶ秘書のような役割をする貴族の女性のことを言った。 ただし、炊事などの家事はしない。

女房とは

  1. のこと。が自分の妻を指していうことが多い。
  2. 平安時代から江戸時代頃までの貴族社会において、宮廷貴族邸宅に仕えた奥向きの女官(女性使用人)。
もっぱら主人の身辺に直接関わる雑務を果たす身分の高い使用人であり、場合によっては乳母幼児女子の主人に対する家庭教師、男子の主人に対する内々の秘書などの役割を果たした。
  1. 仕事上の伴侶的な相手。例えば野球の(投手に対しての)捕手など。

語源

「房」は「部屋」の意味で、女房は「女官の部屋」という意味であった。
平安中期以降、「女官の部屋」の意味から、私室を与えられた高位の女官、貴人邸に仕える上級の侍女をさす言葉となり、出身の階級身分によって、「上臈(じょうろう)」「中臈(ちゅうろう)」「下臈(げろう)」に大別された。
語源由来辞典より引用)

関連タグ

曖昧さ回避

pixivに投稿された作品 pixivで「女房」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 201651

コメント