2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ゼンダマンとは、『タイムボカンシリーズ』の第3作目。

不老長寿をもたらすという”命のもと”を手に入れようとする三悪アクダマンのムージョ・トボッケー・ドンジューロー。その野望を砕くため、紋者博士の孫のさくらちゃんと鉄ちゃんはゼンダマンに変身し、タイムトラベルを繰り返し悪玉たちを懲らしめる!

声優を山本正之がつとめるゼンダライオンと視聴者ののど自慢、ムージョのお色気ポーズなどの定番のギャグが視聴者を楽しませた。

演出に一回押井守が抜擢され、「超徳太子だよ ゼンダマン」の回を担当した。
先輩方から「押井君のギャグは面白いねー」と言われる程度の好評価を得たが、押井は「自分のギャグはアニメに向かない」として、これ以降、アニメでのギャグ路線を極力抑えることになる。

「命のもと」がもたらした三悪達の結末はあまりにも皮肉である事も有名。

作品スタッフ

原作タツノコプロ企画室
製作吉田健二
企画九里一平 鳥海尽三 柳川茂 酒井あきよし
総監督笹川ひろし
キャラクターデザイン天野嘉孝
メカニックデザイン大河原邦男
脚本小山高男 山本優 佐藤和男 他
演出大貫信夫 笹川ひろし 他
作画監督芦田豊雄 平山則雄 他
音楽神保正明 山本正之
プロデューサー永井昌嗣 横尾潔
制作タツノコプロ フジテレビ
放映期間昭和54年(1979年)2月3日~昭和55年(1980年)1月26日
放送回数52回(全52話)
声の出演

関連記事

親記事

タイムボカンシリーズ たいむぼかんしりーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゼンダマン」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゼンダマン」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 106865

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました