ピクシブ百科事典

目次[非表示]

CV:檜山修之

概要

アニメ『夜ノヤッターマン』の登場人物。
第4話より登場。

左目を覆う、クワガタムシをモチーフとした仮面をつけたヤッター・キングダムの将軍。赤髪で右目の下に赤い「5」のマークがあるのが特徴。語尾に「ぜぇ」「だぜぇ」とつける口癖がある(なおこれは改造前からの特徴だった模様)。黒いドーベルマン型ロボットのワンを連れている。使用するヤッターメカはヤッターパグ。
好戦的かつ、第3話ではピーネの密告した際の約束を平気で破るなど冷酷非道な性格。多くのヤッター兵を取りまとめており、国民を恐怖で支配していた。また、左腕と左足は義手義足で左目も赤く光る義眼になっており、過去に何らかの事情で自分の命を救ってくれたヤッターマンに恩義を感じ、ヤッターマンに忠誠を誓っている。

トンズラーを圧倒する高い戦闘能力や電撃を流す杖に加え、ヤッター兵とゾロメカを巧みに操る指揮能力でドロンジョたちを敗北に追い込み、その後も幾度も新生ドロンボーを指名手配犯としてどこまでも追い詰めていく。

第6話では「ガリナ」の名前に反応したほか、第7話では玉手箱の催眠ガスの罠で眠らされたアルエットの姿をタブレット越しに見た途端、フリーズしたように動きが止まっては動揺するなど次第に不可解な挙動が見られるようになり、第9話ではアルエットの姿を見た途端フリーズ状態になった所にガリナの剣玉の攻撃をまともに受けて、ヤッターパグもろとも海中に転落してしまう。

その第9話ではヤッターマンに仕える12人の将軍・ヤッター十二神将の一人であることが判明した。これまでの度重なる失態によって立場が危うくなり、最後のチャンスで新生ドロンボーを罠にかけて捕獲することに成功し、アバレシ番外地の監獄へ護送するが、上記の通りレーシングカーで追撃してきたガリナたちの活躍で結局は失敗に終わる。その際に左腕と下半身を失った上、責任を取らされてワンと共に投獄された(その際も時折脳内に浮かぶアルエットの姿に戸惑う様子が見られた)。





実は…(ネタバレ(終盤あたり))

終盤で明かされる内容なので、読む際は注意してください。












正体はアルエットの父親のゴロゾウであった。妻や愛犬ワンと共にヤッター・キングダムの首都ヤッター・メトロポリスに連行され、そこで強制労働を課せられていたが、爆発事故によりワンと共に瀕死の重傷を負う。そこへヤッターマンを名乗る黒幕のドクロベエによって記憶を消された上でサイボーグに改造され、ヤッター十二神将の一人・ゴロー将軍となり、自分を救ってくれた”ヤッターマン”に恩義を感じ、忠誠を誓うようになった。

第11話で獄中にいるうちに記憶を取り戻し、ドロンジョやアルエットを助けるためにワンの背中に乗せてもらう形で共に脱獄。正体を伏せながら新生ドロンボーたちに屋上にあるヤッターコウノトリの存在を告げ、自分は足止めのために不自由な体を押して多くのヤッター兵相手に奮戦するも、多勢に無勢で次第に追い込まれてしまう。
自身の正体に感づいて戻ってきたガリナにわざと冷たく突き放すことで追い返し、最後は左胸にある動力部を自ら破壊して「アルエット!お前は俺の天使だぜぇ!」と言い残し、多くのヤッター兵を道連れにする形で自爆した。

ガリナも彼の正体には薄々感づいていたため真相を確かめようとしたが、上記のように追い返される。
しかし、ガリナはゴロー将軍の形見である杖と、ワンの脚の一本を持ち帰っており、これらの遺品は第12話の最終決戦で形を変えて大活躍することになる。

記憶を取り戻し、最後まで娘を想いながらも、アルエットに自分が父親であることを明かさずにゴロー将軍のふりをしながら散っていったその最期は切なさを感じる…。

関連タグ

哀しき悪役 洗脳

関連記事

親記事

ヤッター十二神将 やったーじゅうにしんしょう

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ゴロー将軍」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ゴロー将軍」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 44588

コメント