2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ボヤッキー

ぼやっきー

全国の女子高生のみなさ~ん!揺れる瞳のアイドル、ボヤッキーよ~!それではまいりましょう!今週の見せ場、ポチっとなァ~!
目次[非表示]

CV:八奈見乗児平田広明夜ノヤッターマン)、宮崎吐夢グッド・モーニング!!!ドロンジョ
演:生瀬勝久(実写版)

概要

ボヤッキーとは 『タイムボカンシリーズヤッターマン』に登場する”三悪”「ドロンボー一味」の一員である。
頭脳担当。狡賢いというよりセコく機械にも強く、毎話の悪だくみやメカは大体彼のお手製だが欠陥が多く、中には縁起でもないものや余計なものも作ってはヤッターマンに見抜かれて負けることが多く、相手のゾロメカ(ビックリドッキリメカ)に合わせてメカを用意して自滅したこともあるなど天才と疑わしい部分があるが一方で低予算でヤッターメカに善戦するメカをするなど自称天才も伊達ではなく、『ボカンと一発!ドロンボー』や『ボカンですよ』では単体なら善玉達に勝利しており、『タイムボカン王道復古』ではガッチャマンやポリマーに勝利している。

作中でのセリフの多さは他の追随を許さない。
実写版では、生瀬勝久が見事にボヤッキーの個性を演じ切り、シリーズのファンから高い評価を受けた。
一人称は「ワタシ」「アタクシ」、『タイムボカン王道復古』以降は他の八奈見キャラに合わせて「ボクちゃん」が多い。口調はオネエ寄り。

年齢25歳(ただし、作中でも疑いを持たれており、回によっては自らを「おじさん」と名乗ったほど)。福島県会津若松市出身であることは有名。なお、会津若松は昭和版と平成版の総監督を務めた笹川ひろし監督の故郷でもある。
ポチッとな!」「今週の見せ場!」「全国の女子高生の皆さ~ん!」「会津若松のおハナちゃんのところに帰りたい」「こんな生活もうイヤ!」など、名台詞が多い。
ドロンボー解散後は、昭和オリジナル版ではおハナちゃんと一緒になり蕎麦屋を営む(『逆転イッパツマン』のクリーン悪トリオの一員コスイネンが蕎麦打ちの師匠とのこと)。
平成版では再結成しているがドクロベエに記憶を奪われたせいか、蕎麦の打ち方を忘れてしまい、味もイマイチになってしまった。別の蕎麦屋で皿洗いの副業している。

夜ノヤッターマンで登場する子孫・ヴォルトカッツェは従来の見た目とは似ても似つかないイケメン顔になっている。

どろんじょさま(9歳)


夜ノヤッターマンでの3人(後ろ側のウィンクしているのがボヤッキー。)

さらに、2018年に入ってからYoutubeにアップされた『ヤッターマンチャンネル』では、世相に合わせてか、往時の姿とは似ても似つかないイケメンとしてユーチューバーとしてデビューした(本人曰く、美男になるメカを使ったとのこと)。

また、任天堂のゲームシリーズであるマリオシリーズに登場するキャラクター、ワルイージと特徴が似ているため、2人を対比したイラストもいくつかある。

「全国の女子高生のみなさ~ん!」は「全国の女子高生のみなさ~ん!お便りまってま~す!」のパターンもあるのだが、放映当時、番組宛に全国の女子高生達からファンレターが本当に届いていたという。

彼を主役にした『ヤッターマン外伝 ボケボケボヤッキー』という外伝漫画があり、そちらでは数々の顔芸を見せたり、本編だと絶対に見せないであろう口調でツッコミ役に回ったりしている。

余談

ちなみに、実写版でボヤッキーを演じた生瀬氏曰く、ボヤッキーを演じるのが長年の夢だったという。

関連タグ

ヤッターマン
三悪 ドロンボー ドロンジョ トンズラー
ぼやき タイムボカンシリーズ

歴代グロッキー系キャラ

グロッキー→ボヤッキー→トボッケー

関連記事

親記事

ドロンボー どろんぼー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ボヤッキー」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ボヤッキー」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 327069

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました