ピクシブ百科事典

原作クラッシャー

げんさくくらっしゃー

「原作クラッシャー」とは、原作から派生作品を作る際、内容を大きく改変する行為、またはそれをする人物や団体。「原作ブレイカー」「原作クラッシュ」とも称される。
目次[非表示]

概要

漫画アニメ化したり、映画化したりといったメディアミックスは昔から盛んであり、その中で原作の内容が改変されることはよくあった。
原作に準拠した作品を作ってほしい人からすれば歓迎できない行為であり、ときに「原作レイプ」と罵られることもある。
ただし、「原作レイプ」が否定一辺倒の言葉であるのに対し、「原作クラッシャー」は文脈によっては褒め言葉として使われることもある。

  • 原作通りに作るなら原作があれば十分という考えの下、原作者サイド、もしくはファンが、作り手の作家性の反映を歓迎する場合。
  • メディアミックスの制約上、改変せざるを得なかった、そしてその改変が歓迎された場合。
  • 時代の変化によって原作の持つ意味が変わってしまい、むしろ原作を尊重するからこそ改変される場合。
  • 古典作品を現代向けに翻案する場合。
など、いわば「大胆な再構築」と言える。要は受け入れられるか、そうでないかである。

  • 原作の物語全体、あるいは特定の展開が始まらないよう原作内の、あるいは原作開始以前の時系列において別の物語を展開する者。転生もの、逆行ものの二次創作者において多いパターン。 転生したらヤムチャだった件の作者などがこのパターンである。


ファンによる二次創作パロディ同人では頻繁に行われていることであり、それらはむしろ原作とのギャップを楽しむものになっている。
pixivでは投稿者が自分の作品に自嘲してタグ付け・コメントしている場合もある。

原作クラッシャーの例

人物

人気脚本家だが、原作を大きく改変することで賛否両論。アニメ『鋼の錬金術師』1作目は原作のストックがあまりなかったこともあり、ほぼオリジナル展開となって物議を醸したが、ハガレンブームの一翼を担った。

怒涛のオーバー演出で知られる。『機動武闘伝Gガンダム』はシリーズきっての異色作。『ジャイアントロボ THE ANIMATION -地球が静止する日』はさながら「スーパー横山光輝大戦」。

極度にデザイン化された絵柄が特徴的。『フリクリ』のコミカライズを担当。

アニメ・実写問わずクセが強い。『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』は原作の高橋留美子を怒らせたが独自のファンを獲得し、カルト映画になっている。

博士の異常な愛情』はシリアスな小説をブラックコメディに翻案。『シャイニング』は原作から神秘要素を剥ぎ取り、スティーブン・キングから酷評された。しかし映画ファンからはいずれも高い評価を得ている。

海外の映画祭を騒がせる鬼才。『ヒミズ』のクランクイン直前に東日本大震災が起きたことで、内容を大幅に改変した。『リアル鬼ごっこ』は原作を読んでいないと公言したうえで純然たる園世界を展開、第19回ファンタジア国際映画祭で3冠を達成した。

CMクリエイターらしい過剰演出で、何を撮っても濃い世界観になる。

中国の古典文学である『封神演義』を少年漫画に改変し、一番のヒット作に。


通称ナベシン。自分がアニメに乱入し、声も当てる。原作つきでもお構いなし。現実でもアニメと同じ格好をしている。

制作会社

『月詠 −MOON PHASE−』以降、新房昭之の影響下に置かれ、観る者を撹乱する実験的演出の宝庫と化す。

児童文学や漫画を原作に名作アニメーションを作り出すが、宮崎駿高畑勲という二人の天才のためのスタジオであり、作家性がとても強い。

古今東西のおとぎ話を原作に名作アニメーションを作り出すが、内容は大きく改変されている。

仮面ライダー』のシリーズは作品ごとに大きく違ったコンセプトを打ち出すことで知られる。特に石ノ森章太郎の手を離れた平成ライダー以降はデザインが奇抜に。仮面ライダーディケイドにいたっては他のライダーを文字通りクラッシュする「ファイナルフォームライド」を使って戦う。

七人の侍』を原案とした『SAMURAI7』など。

関連タグ

原作 原作レイプ
メディアミックス スピンオフ
パラレルワールド パロディ
二次創作 キャラ崩壊

pixivに投稿された作品 pixivで「原作クラッシャー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 473243

コメント