ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

カルト映画を撮り続けるオランダ生まれの問題児。

人間は欲にまみれた浅ましい生き物という事実を正直に描く。過激なエロスとバイオレンスを含むため、常に激しい毀誉褒貶にさらされ続けているが、世界中に根強いファンを持つ。


来歴

1938年7月18日、アムステルダムに生まれる。

大学卒業後はオランダ海軍に従軍し、ドキュメンタリーを撮っていた。その後テレビ局に入社し、ドラマなどを監督

1971年に『Wat zein ik?』で長編映画デビュー。

1985年にハリウッドへ渡ると『ロボコップ』『トータル・リコール』『氷の微笑』などヒット作を連発し、一躍世界的な知名度を得るも、後の『ショーガール』『スターシップ・トゥルーパーズ』の商業的失敗により落ち目になる。

2006年からは母国オランダに戻り、ヨーロッパを拠点に活動中。


人物

  • 故郷のデン・ハーグには第二次世界大戦時、ナチス基地が存在したため、オランダの味方であるはずの連合軍から爆撃を受ける憂き目に遭っている。故郷の村に死体が転がっているのが当たり前という強烈な幼少期体験は「善悪に対するニヒリズム」「死屍累々」というバーホーベンの作風に強い影響を与えている。
  • 1995年『ショーガール』で、最低の映画に贈られるゴールデンラズベリー賞(ラジー賞)で10部門ノミネート、6部門制覇の酷評を受ける。バーホーベンは史上初めて、賞を受け取るため会場に来場。「蝶々が芋虫になった気分だ」とコメントしたという。
  • ルトガー・ハウアーは若手時代からのつきあいで、作品の常連。

作品

『Wat Zien Ik?』1971年

『ルトガー・ハウアー/危険な愛』1973年

『娼婦ケティ』1975年

『女王陛下の戦士』1977年

『SPETTERS/スペッターズ』1980年

『4番目の男』1982年

『グレート・ウォリアーズ/欲望の剣』1985年

ロボコップ』1987年

トータル・リコール』1990年

氷の微笑』1992年

ショーガール』1995年

スターシップ・トゥルーパーズ』1997年

『インビジブル』2000年

『ブラックブック』2007年

『ポール・ヴァーホーヴェン/トリック』2012年

『エル ELLE』2016年


関連タグ

映画監督


外部リンク

ポール・バーホーベン - Wikipedia

ポール・ヴァーホーヴェンとは - はてなキーワード

ポール・ヴァーホーヴェン(Paul Verhoeven) のプロフィール - allcinema

関連記事

親記事

映画監督 えいがかんとく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 12685

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました