ピクシブ百科事典

コンビーフ

こんびーふ

Corned Beef。牛肉を塩漬けにしたもの。
目次[非表示]

概要

本来のコンビーフ(Corned Beef)とは、塩漬け牛肉であり、ここでのCornとは岩塩のことである。

JAS定義によれば「畜産物缶詰又は畜産物詰のうち、食肉漬け込み煮熟した後、ほぐし又はほぐさないで、食用油脂、調味料、香辛料等を加え又は加えないで詰めたもの」。
一般的な言い方をすれば、塩漬けにした肉を加熱した食品を指す。
そのまま食べる他、様々な料理において材料として使用する。
塩漬けによって肉のうま味が独特の風味を持って美味であり、缶に充填されることにより保存性が非常に高まった。

日本ではメイン画像のような姿の(枕缶)で流通することが多く、この台形の缶はコンビーフの代名詞になっている。
形状の由来は手作業で充填する際、缶とコンビーフの間に隙間が生じることによる酸化→劣化を防ぐためであり、他の缶詰では煮汁やシロップが用いられるところだがコンビーフは汁けがないために、この形状の缶が今も用いられている。
開封の際は金属のカギ(と呼ばれるパーツ)で帯状に切り取らせる形が取られ、これもコンビーフ特有(同様の開封法を取る缶詰に「チューリップ」ランチョンミートがある)の開封法としてよく知られる。
近年では他の缶詰同様のプルトップ缶や、レトルトパック入りになっていることも多い。

ニューコンミート

日本においてコンビーフを普及させたノザキ産業(現・川商フーズ)による製品のひとつ。
牛肉の嵩増しに馬肉を使用しており、その分価格が抑えられている。
かつてはニューコンビーフの名前で販売されていたが、現在ではJAS法の改正により「コンビーフ」は牛肉100%製品のみ名乗ることが許されるようになっている。

コンビーフを使った主な料理


関連項目

缶詰
ツナ 大和煮
コンビーフたん

pixivに投稿された作品 pixivで「コンビーフ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6691

コメント