ピクシブ百科事典

カルピス

かるぴす

日本で製造販売される乳酸菌飲料の商品名。
目次[非表示]

概要

カルピス(CALPIS)とは、日本の飲料メーカー「アサヒ飲料」によって製造販売されている乳酸菌飲料の名称である。2015年より以前は「カルピス株式会社」が製造販売を行っていた。
1919年(大正8年)7月7日より販売が開始。当時のキャッチコピーは「初恋の味、カルピス」。

創業者が、モンゴル馬乳酒をヒントに開発したと言われている。
非常に濃度が高く、そのままで賞味される事はまず無い。牛乳で薄めて飲むか、シロップの代わりにかき氷にかけたりする。
常温でも腐敗しにくいので、嘗ては軍隊の補給品として需要が高かった。現在では贈答品として人気がある。

海外ではcow piss(カウ ピス=の尿)と言う英単語と発音が似ており印象が悪い為、「Calpico」の名で販売されている。なお、「カルピス」の名称は同社の登録商標である。

ロゴ

昔のトレードマークは、カルピスをストローで飲んでいる人をモチーフにしていた。

カルピス ラベル


しかし、これが「黒人をカリカチュアライズしたものであり、差別的である」と日本人から苦情を受け変更された。現在は単にコップにストローが差してあるだけのイラストになっている。

余談

  • ねっとりとした白濁の液体である事から、しばしば18禁の世界ではミルクとともにある液体の比喩として用いられる。


  • 白に水色等の青系の水玉模様はときに『カルピス柄』と揶揄される事がある。

  • 現在使用されているプラスチックボトルは分別の必要がない工夫がされているが、臭いが特徴的なため中の飲料が腐ったと思い捨ててしまう事例が発生している。しかしながらカルピスシリーズは『ウォーター』や一部製品を除きその濃厚さから常温でも長期保存できる飲料でもある。

  • ちなみにカルピス株式会社は、「NUDE(ヌード)」という炭酸飲料も販売していた。シリーズ化もされていたが、ほかのカルピス商品とは異なり、アサヒ飲料へは移管されずに販売を終了している。

  • 浦安鉄筋家族』の登場人物・鈴木フグオの好物としても知られており、カルピス好きが高じて原液のまま飲んだり、果ては原液をうがい薬や目薬、点鼻薬替わりに用いたりなどしている。勿論、ここを閲覧している皆様は決して真似をしないように

関連タグ

 飲み物 清涼飲料水 乳酸菌飲料
アサヒ飲料 カルピスソーダ カルピスウォーター 
カルピスサワー カルピスバター

 日本の夏 夏の風物詩 お中元 初恋 甘酸っぱい

pixivに投稿された作品 pixivで「カルピス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1328165

コメント