ピクシブ百科事典

第四の壁

だいよんのかべ

演劇等において観客席(現実)と舞台(フィクション)の間に概念上存在する透明な壁。第四は「だいし」とも読む。
目次[非表示]

第四の壁とは、演劇等において観客席現実)と舞台フィクション)の間に概念上存在する透明なである。「物語」は「現実」の我々とは違う場所にあり、隔てる存在をそう読んでいる。

概要

第四の壁は写実主義の出現とともに19世紀から発生した概念であるといわれる。
この第四の壁によって隔てられた現実の世界とフィクションの世界は、基本的には互いが互いに物理的影響を与えることのない、相互的な不可侵の領域である。
しかし、場合によっては演出的手法として、登場人物が現実側の存在である作品の受け手や制作者などの存在、あるいは自分たちのいるのがフィクションの世界であることを意識したセリフを喋ったり、突如観客に対して問いかけや語りかけをするなど、フィクション側から現実側への干渉が行われることがある。
このような演出を俗に「第四の壁を破る」と呼ぶ。

キャラクターが観客に問いかけたり、解決策を求める作例は演劇から幼児用アニメーションまで幅広く使われているが、pixivの諸氏に身近なのはロールプレイングゲームにおいての第四の壁だろう。ロールプレイ、PLにPCを操作させる≒一体化することで「物語」に参加させる手法を、あえて破ることでプレイヤーへのメッセージ性をもたせた作品も多い。これはRPGの前提であるロールプレイを破壊する事にほぼ等しいこと、どちらかというとメジャーなことから難易度の高い演出である。

第四の壁を認識・突破できるとされる人物

天野漂月華の剣士
ケフカ・パラッツォファイナルファンタジー6)※明確な描写が見られるのはDFFシリーズから。
ザ・ヴァーティゴニンジャスレイヤー
SansUndertale
デッドプールMARVELシリーズ)
FloweyUndertale
プロビデンスブレイブリーセカンド
斉木楠雄斉木楠雄のψ難
古畑任三郎(同名のドラマの主人公)

関連タグ

二次元 2.5次元 三次元 / 現実
メタフィクション / メタ発言 中の人
カメラ目線 ディスプレイ 観客席 楽屋裏 / 控室 スタッフ
著者 作者 会社 読者 視聴者 プレイヤー 野次馬
製作秘話 大人の事情 裏話
劇中劇 絵中絵 作中作
俺の嫁よ出て来い企画 俺の嫁よ今行く企画
地球なめんなファンタジー ファンタジー世界舐めんな地球
夢オチ 現実オチ 事実は小説より奇なり

pixivに投稿された作品 pixivで「第四の壁」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1327214

コメント