ピクシブ百科事典

モルガナ(スクスト)

もるがな

『スクールガールストライカーズ』の登場人物にしてラスボス(?)。
目次[非表示]

非正規(アザーズ)メンバー、爆撃担当。CVは三石琴乃
本作メインストーリーのキーキャラクター。

『世界を観察する存在に 興味はおありですか?』

概要

モルガナともるがな


大人、狂人、そして少女…あらゆる世界にあらゆる姿で現れる緑髪の女性。
複数存在することは間違いないが、その正体や目的は未だに多くの謎に包まれている。

自らを「この世の条理の果てを目指す者」と呼び、あらゆる事象を「観察」している。無数の平行世界の出来事をすべて把握しており、プレイヤーがいる現実世界もそのひとつとして認識している。
物腰は柔らかいが、立場に関係なく意味深な不穏発言やメタフィクションな台詞を吐く。最近は奇行や奇声(?)でリアルの隊長を驚かせることも。


モルガナ(大)

基本的な姿は糸目の女性。しかし、目を開くと遊戯王の悪役もビックリの顔芸を披露する。 戦闘スタイルは遠隔攻撃端末による収束レーザー。 他にも莫大な力を利用して時空を歪め、五次元探知能力をもつストライカー達の意識を飛ばす攻撃方法も持つ。
初登場はチュートリアル。この時点で事件の元凶と判明する。アルタイル・トルテの面々と隊長に撃退され、別のチャンネル(平行世界)に逃亡する。

本作最初のスペシャルレイドオブリ(はぐれメタル的な奴)でもある。

同じ外見の別個体が2014年7月協力戦や2014年10月協力戦で登場。この個体がエピソードⅡで引き続き悪役を務める。アマンド・フォーマルハウトを離反させ、そのデータを収集して本人達より強い複製体妖魔「ファントム」を生産、エピソードⅠ以上の災害を起こそうとしている。
2016年11月協力戦ではエピソードⅡの展開に合わせて、通常型の大人モルガナ(設定上はエピソードⅡ版のコピー)が暴走巨大化した霊獣テンコと共に再びスペシャルレイドオブリとして登場した。


「もるがな」

モルガナ様御生誕記念


2014年7月の協力戦イベントシナリオで再登場。そして彼女のプレイヤー仕様となる「モルガナ(少女形態)」のメモカがリリースされた。
このモルガナは他とは違い、隊長やストライカーに“興味がある”という名目で力を貸してくれている。敵なのか味方なのかは、未だに不明。意外とお茶目な一面もあり、気まぐれでお祭り的なイベントに参加することもある。

通常SRはウサギのぬいぐるみ形ポシェット(説明文によると「五次元ポシェット」)と遠隔攻撃端末が特徴。戦闘スタイルはレーザーでのなぎ払い。
通常URメモカを装備すると戦闘中だけ大人形態となる。究極SRでは少女形態のまま大人形態の服を着る(メイン画像参照)。

ifURと神装は「もるがな」だが、どちらの攻撃(黒いビーム、顔芸担当のうさぎぬいぐるみ型端末)もラスボス感たっぷりである。
エピソードIII本編でも少女形態として登場するが、if世界編後半では衝撃的な事実が判明され、そして神装世界編では彼女よりやばいなヤツが…


イベントシナリオでは、その人知を越えた力で海賊船を宇宙戦艦にしたり、演劇祭のアザーズ演目でVFX監督を務めるなど、不思議な力を使うためだけに駆り出されることがある。

見た目こそ可愛げだが、性格は元とそこまで変わらないらしく、親愛編の内容やカットイン台詞も非常に物騒であり、子供らしくない不敵な表情も多い。気に入った服に着替えると下着をつけ忘れ
なお、見た目はロリだが声は三石氏のまま。ミスマッチだと評されることもあるが、その分、三石氏が彼女の不気味さをよく表現できたとも言える。
そして2015年3月に追加された彼女の台詞はまさかのロリ声(もちろん声優は同じ)だった。
『おにーぃちゃーん!(CV.三石琴乃)』

ファンからの通称は「ロリガナ」または「もるがな」、大人形態と区別するためか、公式イベントでもシナリオ部分でひらがな表記を使用する。最近では一部のメンバーからも「もるがなちゃん」と呼ばれるようになった。

もるがな艦長

2015年11月の特訓イベントで初登場。if世界におけるモルガナで、見た目はちっちゃい方のもるがな。
地球連合軍の宇宙艦「第51艦」の艦長で階級は少佐。「第51艦」隊にはif世界のココナッツ・ベガメンバーも所属していた。
後に新型巡洋戦艦「ペルメシア」の艦長に就任。

なお隊長や雨森このえにはちいさく見えるが、if世界の他の人々には大人の姿で見えている。

盛沢かな子

神装世界の降神小織のクラスメイト。中学1年生。
パトリによって変身して戦うようになる以前は普通だったのに、一度変身して以降は髪を緑色に染めてモルガナと名乗り始めたり真の叡智がどうのこうの境界がどうのこうのと言い出した。
そのため中二病を発症したと仲間達から勘違いされている。

モルガナ・ジ・アビス

2014年8月の協力戦イベントからスペシャルレイドオブリとして登場した、モルガナの亜種。
姿形や色は通常版(究極変身コス)ベースのものや変身コスベースのものなど複数種類が登場している。
血にまみれた衣装を身に纏い、左手で光る左目を押さえ、常に不気味な笑みを浮かべる。また、通常verのモルガナが首に巻いていた帯は、この形態ではボロボロになりながらも浮き上がり、本体を覆うように浮かんでいる。
他のモルガナ曰く「条理の闇に呑まれた者」。
言うなれば発狂したモルガナとも言える存在であり、こうなると正常なモルガナからは敵とみなされる模様。

良くも悪くもインパクトがある外見。ギャグ系イラストも確認されている。
2015年末に再登場したが、その後は音沙汰なし。
と思われていたが2017年6月の協力戦の特攻メモカでなんと召喚されると言う驚きの再登場を果たす。

モルガナ・ミゼラストロフ

2017年4月の協力戦で初登場した、モルガナの亜種。
同イベントのスペシャルレイドオブリを担当する。
同じく亜種である「モルガナ・ジ・アビス」とはデザインが大きく異なり、こちらはほどけかけた包帯のように崩れた身体に偵察型オブリに類似した顔……といったもので、モルガナの面影はほとんど見当たらない。
変身メモカ「蝕」と同時期に登場した。
種類は、白・黒・赤・青・黄の属性色5種類が登場している。

if世界でモルガナ化しつつあった雨森このえが、用済みになった訓練用の零号スーツを使い捨て前提の超高出力解放版(=変身・蝕)に改造したことで、
装着者が制御に失敗して暴走した力に呑まれたらという可能性から具現化させてしまった存在。

知性もあるようで2017年7月協力戦では言葉も発しておりフィフス・フォースの存在も知っていた。
また2017年8月には巨大なミゼラストロフがエテルノを襲撃、36連携攻撃により撃退された。

エンド

神装世界にてパトリを配って回るフードを深くかぶった謎の人物。
その中身はモルガナと同じく糸目だが、髪色は赤く髪型や服装なども異なる。
モルガナではなく、果てを識るもの「エンド」と名乗る。
(公式LINEアカウントによれば、正式名称は「モルガナ・オブ・ジ・エンド」)

彼女の悪事は現時点他のモルガナよりも悪質で、異装の女神(神装世界のストライカー)たちに殺し合いをさせた張本人でもある。

2018年4月の協力戦イベントではスペシャルレイドオブリとして登場した。設定上は消滅したエンドの残骸。

攻撃モーションは大モルガナと同じだがボイスなし、端末の色は黒。



スクメロでは…?

その特殊な設定のため、平和な物語である『スクメロ』では登場しないだと思われたが、第6回公式生放送では『スクメロ』仕様ミラ、アマンド、モルガナのイラストを公開した。見た目は「もるがな」だが衣装は制服ではなく、アニメチャンネルの折江のような白衣も着ている。

果たして『スクメロ』チャンネルのもるがなは何者なのか?


関連イラスト

モルつめ


落書き


全ては


モルガナ




関連項目


スクールガールストライカーズ

その正体(※メインストーリーのネタバレ事項)













平行世界や因果律など世界の在り方を深く知りすぎた者の意識は歪んで自己を保てなくなり、大いなる無意識の集合体の一部として集約されてしまう。
この「無意識の一部と同化した者」という概念がモルガナであり、個人を指す名前ではない。
モルガナ化した者は無数の平行世界の中に無数に存在する。

全てのモルガナは意識を共有し、共通して「条理の果てを探求する」という目的のもとに行動する(「もるがな」としてエテルノにいる個体も含めて)。
だが、最終目的こそ同じでもモルガナ同士が団結しているわけではなく、その行動は完全なスタンドプレー。
お互いに協力することも妨害することもなく、各々がそれぞれの方法で「条理の果て」に至るべく研究を続けている。

意識も容姿も変質したとはいえ元は普通の人間であり、人間時の記憶も残している。


なお、「無意識」とは人間の無意識などではなく、無機物・無生物である星々に宿っている《意識》のことを指す。
そして無意識の1つ、地球の意識が観測の多様性を増すために、ただ宿った対象の認識を通して観測を行なうだけの《意識》が宿るための容れ物として育んだのが人間である。
しかし世界を構成する宇宙の遺伝子に生じた「世界の遺伝子の欠陥(コスモゲノム・ディフェクト)」により、《意識》の容れ物に適した生物に過ぎない人間が、逆に《意識》を観測するというありえない異常事態が発生する。
これが《意識》を宿す人間が平行世界や因果律など世界の在り方を深く知りすぎるという事態が起こり得る因果の裏事情で、世界に対する一種の叛逆行為にあたるという。

そのため無意識の一部に結合した叛逆者である多くのモルガナは、条理の果ての探求という目的のために平行世界の多様性を減らしていく方法を無自覚に選ぶ「世界の歪み」としての性質を持つ。
ただし無意識の一部にうまく同化して、破滅的な性質を持たずそのような方法を採らない個体も存在する。

エピソードI

ステラプリズムを開発した研究者たちは知識を追究して次々とモルガナ化していった。
適性研究チーム主任・千嵐麻衣あるいは兵器研究チーム主任・折江幹子のどちらかが、オープニングで「最後の戦い」を交えたモルガナの正体とされる。
(ゆぴてる園との関係から「適性」担当ではないかと思われる)
モルガナの一部になった者の中でも特に意識が強かった彼女は個人としての意識の主導権を保ち、モルガナという大きな無数に分岐する流れの中で同じ支流にあるモルガナ達を支配下に収め、モルガナ化を厭わなかった知識欲のままに、様々な平行世界の歴史を因果律から外れた滅亡の歴史へと導いて観測することで、さらなる条理の探求を目指していた。

また転生研究チーム主任・沙島茜も彼女によって強制的にモルガナ化させられており、操られるままに1つの平行世界を滅ぼす実験に従事させられている。

「アルタイル・トルテ」の世界にて、沙島茜だったモルガナが討伐されると、それを操っていた真のモルガナが世界に侵攻をかけ、その世界のアルタイル・トルテ5人を各個撃破している。

オープニング「最後の戦い」にて逃げようとしたモルガナは、前世で沙島茜により転生能力を与えられていた隊長の自爆同然の転生に巻き込まれて消滅。転生前の記憶もないどこかの世界のただの人間の赤子として転生したと思われる。

なお、アニメチャンネル(エピソードⅠの並行世界として扱う)における折江幹子の容姿はモルガナと同じ。

エピソードII

エピソードIIのモルガナは、因果が複雑に絡まった無数の平行世界を滅ぼしてシンプルになった世界を観測することで条理を探求することを思い付く。

また、世界は《意識》が観測することで生まれるという知識に至っており、とある世界において逆に観測を遮断することで世界を消滅させる。
それに巻き込まれた無数の意識は行き場をなくし、意識の集合体である霊獣テンコへと姿を変える。
そして人間に宿れない霊獣テンコは自身を保護した賢宮ほたるを観測主体として選ぶ。

重い因果を持つ世界に集っている意識が根幹となって他の世界に影響を与えるという知識も得ていたモルガナは、意識の集合体である霊獣テンコを利用して多数の世界をいっきに滅ぼすべく、シャルロッテを襲い、時空管理官セレーネを観測が遮断された人為的な事象的地平面外に転移させることで抹殺、賢宮ほたるに憎悪を植え付けて霊獣テンコを暴走させた。

その後、神装メモカによる攻撃でトドメをさされて消滅している。

モルガナ化する前については明かされていないが、エテルノメンバーの現今世界の3人のモルガナの1人とされており、
沙島茜を除いた2人、適性研究チーム主任・千嵐麻衣あるいは兵器研究チーム主任・折江幹子のどちらかもう片方ということになる。
(ファントムを開発していることから「兵器」担当ではないかと思われる)

エピソードIII

20年前、if世界の地球連合軍の天才科学者が研究所を追放され、地球連合軍に反目する月上空の研究所「メティス」に移り、「転移」「転生」「適性」「兵器」4種類のフィフス粒子の理論を立てて実証実験を行なっている。
「兵器」理論によってエイリアンが生み出され、「転移」理論で開発したパトリの実験のため平行世界を使った「女神の偽装計画」を実行。
科学者の名前は雨森果といい、神装世界で「女神の偽装計画」を実行した「果てを識るもの」「エンド」と名乗るモルガナと同一人物だと思われる。
雨森このえが物心つく前に死んだと聞かされていた母親でもある。

地球連合軍でif部隊の研究チーフになった雨森このえは、母親の研究資料を発見、深く読み解くことでモルガナ化の兆候が現れる。
しかしモルガナ化せずに意識だけの存在になって条理の果てに到達するべく、フィフス粒子が漂う宙域に発生したワームホールに身を投じた。

そうして高みに至ったこのえは、産みの母親とはいえ世界の敵であるエンドを一度も対面しないまま意識のチャンネルを切ることで消滅させた。

もるがなの目的

2017年の誕生日イベントでは、少女形態のもるがなが当日限定(現在は閲覧不可)で自身について語っている。
そこでは、元々の姿に最も「近い」ためにあえて少女の容姿を選んでいること、またエテルノには「ある人物を救う」という目的の元にやって来ていることが明かされている。

雨森このえによれば、モルガナ艦長や盛沢かな子などはたぶん同一の意識とのことで、もるがなの前世や前々世にあたると思われる。

pixivに投稿された作品 pixivで「モルガナ(スクスト)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 68744

コメント