ピクシブ百科事典

セレーネ(スクスト)

せれーね

『スクールガールストライカーズ』シリーズの登場人物。

概要

時空管理官の一人で、ティエラ先生の同僚。第05チーム「アマンド・フォーマルハウト」の元上司。
外見こそ大人の女性だが、性格や口調はティエラとは正反対。
ティエラが優しい女教師なら、セレーネは厳しい女教官そのもの、反抗的な部下に暴力を振るうこともあった。シャルロッテのデス口調の形成は大体この人のせい。

部下はドМな紫色のモシュネで、その名も「モシューネ」。

頭脳は確かなもので、エピソードⅡにおけるモルガナの目的をほぼ全部推測していた。

アマンド以来の固有グラフィック持つ人間キャラであり、当時一部の隊長は「新しいストライカーでは?」と期待していたが…



























結末と正体

エピソードⅡ後半でシャルロッテをかばうため、モルガナの転送攻撃により消滅した。残された指輪はシャルロッテ専用アクセサリーとなっている。
一応死亡しておらず、時空管理局は今も彼女を捜索している。

エピソードⅢ最終話によると、管理官の正体は「星の意識」であり、その名の通りティエラは地球、セレーネは

スクメロでは未登場、作中アマンドの担当教師はもるがな

コメント