2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「ちょうどハッピーエンドも飽きてきたところだ。ヒーローが死ぬ悲劇のエンディングはどうだ!?」
CV:水原リン

概要

旋風寺旭が今際の際に言い残した「世界を狙う巨大な悪」の正体。TR社の奥深くスクリーンに映し出された映像でエグゼブやパープルを配下にして指示を与えていた。操縦者ごとロボットを洗礼し、再生能力を付加させる「魔のオーラ」を放つ。簡単に言えば真っ二つにされても粉々に粉砕されても無限に再生する。どんな強いロボットでも魔のオーラを消せない限り勝ち目はない。

最終決戦にて自身の下に辿りついたマイトガインに、娯楽として二次元世界を支配する三次元人であることを明かし、舞人がヒーローという役割を持って創作された二次元世界の住人に過ぎないという事実を明かした。。突風と衝撃波で追い詰めるが、強力な「イノセントウェーブ」を宿した吉永サリーの祈りで、怯んだところを、ダブル動輪剣を受けて敗れる。

そして自らを三次元人と名乗ってはいたが、死ぬ間際に『巨悪』という名のゲームの駒、結局は「三次元人という設定を与えられていた二次元人」という被造物に過ぎなかったという事実を悟りながら消滅した。

余談

初期設定では「別次元から来た高次元人」の予定だったが、判り難くかった為、自称・三次元人に変更された。なお、スパロボではその初期設定が復活している。
最終的に舞人とサリーは結ばれ、ハネムーンに出かけるが、スタッフロールで衝撃的な一枚絵が写される。
それは一見するとテーブルの上にポツンと置かれた結婚式の写真に見えるが、よくよく見るとトレース台の上に置かれたアニメのセル画であることがわかる。これは結婚式のハッピーエンド自体がブラック・ノワールよりもさらに上にいる三次元人によって創作されたものということを暗喩している。
このエンディングに関して監督は、玩具のリリースはいつまでも終わりが見えず主人公はパワーアップを続ける一方で、さらに放映当時はライバル作品であるスーパー戦隊シリーズに何としてでも売上で勝てという周囲からのプレッシャーもあったため、タカラやサンライズに対する一種の当てつけのようなものだった(要約)らしいが、後にこの演出を「いくらなんでも悪趣味すぎた」と反省の弁を述べている。

現実にブラックノワールという競走馬がいる。

外部出演

スーパーロボット大戦シリーズ

マイトガインが参戦しているシリーズのうち、コンシューマーハードゲーム機で発売されたVXTでは「三次元人」設定そのままで出演させるのが難しかったのか、【地球外文明によって作られた自称高位次元人の社会管理システム】という設定で登場した。いずれにおいてもマイトガイン以外の参戦作品のシナリオにも「それも私だ」と言わんばかりに介入した黒幕として暗躍したが、スパロボというゲームのラスボスではない。
そのせいか原作では自身の役割を悟った事で静かに散っていったのに対して、スパロボでは物凄く見苦しい姿を見せ、原作の大物感が全くなくなってしまっている(しかも『X』では舞人の強制出撃すらない)。

X-Ωでは原作設定を完全再現されたものの、非常に情けない最期を遂げる。

関連タグ

勇者特急マイトガイン ラスボス
エグゼブ
二次元 三次元 メタ発言
エリザベス(銀魂):監督繋がり
ウルトラマンオーブダークブラックノワールシュヴァルツ:名前被り。

関連記事

親記事

勇者特急マイトガイン ゆうしゃとっきゅうまいとがいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ブラック・ノワール」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ブラック・ノワール」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2494

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました