ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要


CV:梁田清之

身長183cm、体重80kg。天秤座、血液型はO型。



歌舞伎メイクに兜を模した頭巾から突き出た丁髷、ぜんぜん忍んでない忍者装束に身を包み、背中に大刀を背負った色白の男性。

芝居がかった抑揚たっぷりの口調で喋り、口癖は「男は黙って~〇〇!」。名前だけ見れば日本人だと思うだろうが、実は歴としたアングロサクソン系アメリカ人。


自身が経営する江戸時代風のアミューズメントパーク「大江戸ランド」を隠れ蓑に、「古き良き日本文化を取り戻す」首領として、日本政府転覆を目論む忍者テロ集団「影の軍団」を率る。


お付きのくノ一(?)らに大盃へ注がせた酒を一息に飲む、日本語もペラペラで如何にも日本文化への造詣が深いと思いきや、実際は大の日本かぶれ。漢字はロクに読めず、烏龍茶を日本発祥の飲み物と思い込んでいたり、和服に草履や下駄ではなく革靴を履いていたりと、その日本愛はかなり歪なもの。思い込みも凄いのか、自分を正当な日本国の将軍であると信じこむ。


そんな調子終始コミカルな役回りではあるものの、鉄道網の破壊活動や天才少年の誘拐、戦国武将をクローン技術を用いて現代に蘇らせるなど、実はやっていることは結構ちゃんと悪役。


当初は大江戸ランドの経営も上々、優秀な部下たちもある程度は成果をあげていたが、次第にランドの経営が傾き、部下たちも次々に勇者特急隊に敗れて逮捕される。遂にはランドへ集めたお客たちを閉じ込め日本からの独立を企て、客に自国民として自給自足・収入のすべてを自身へ捧げる法律を強要した。


当然支持を得られる筈もなく、客の反乱や偶々居合わせていた舞人らの活躍もあってランドは壊滅。専用機に乗り込んでマイトガインに挑みかかり、あと一歩のところまで追い詰めるが、落城にショックを受けた一瞬の隙を突かれて敗北し、逃走。


逃走後は時代錯誤なガマの油売りで再起を図りつつ、埋蔵金の発掘に乗り出す。

結果として埋蔵金は手に入れたものの、運悪く小沢警部に出くわしてし、テロ行為諸々の罪で遂にお縄となった。


逮捕された後は持ち前の忍者フィジカルで脱獄し、クリスマスイブの夜には旋風寺邸に侵入して宝を盗み出そうと画策。

途中で同じく窃盗目的で潜り込んでいたカトリーヌ・ビトンと遭遇するも、ノーメイクに囚人服姿だったこともあって自身がショーグン・ミフネであることは信じてもらえなかった。

そしてあえなく再逮捕された。


最終回ではまたしても脱獄しており、小沢警部に追いかけられていた。


余談

純粋な戦闘能力でマイトガインを追い詰めたのは、彼とその部下の面々だけである。自身は居城の崩壊による精神的ショックが生んだ一瞬の放心状態や、一度はマイトガインを退けた部下のコジローは気配を感じ取って攻撃できる自力への過信など、フィジカル面では間違いなくどの悪党たちよりも勝っていたが、精神面での弱さ・隙が敗因であった。


特に、居城の崩壊に放心して敗北した一戦では、グレートマイトガインに『一分の隙もない』と言わしめ、互角以上の剣戟の末にグレートマイトガインを敗北寸前まで追い詰めていた。もしも彼が居城の崩壊に一切動じず、目もくれずに戦いに集中していたら、グレートマイトガインは討ち取られていただろう。


担当声優が2022年に逝去し、今後スパロボ等の外部出演の際にライブラリー出演となるか、声優を交替させるかは、現状未定である。

少なくとも、スパロボは基本的にはオリジナルの声優の起用を尊重する傾向にある為、数マップしか登場しない中ボスクラスの敵キャラであるミフネの声優を交替させる可能性は限りなく低く、恐らくは今後はライブラリー出演という形を取るものと思われる。幸いなことに、ミフネの初登場は比較的近年の作品であり、音声収録も行われている。

ちなみにスーパーロボット大戦Xで「日本マニアのアメリカ人」ということが暴露された際、同じくアメリカ人のマーベル・フローズンジェレミア・ゴットバルトからコメントを求められ「ノーコメント」と返した。一緒にされるのは困るのだろう。


専用機である『ショーグンロボ』のデザインは、ショーグン・ミフネ本人を模したものなのだが、その鎧のデザインは同じサンライズ作品である『鎧伝サムライトルーパー』の主人公が装着する『烈火の鎧』に酷似。


シャープに突き出た肩アーマー、肩の付け根の丸いパーツ、前腕部から上に向かって伸びるブレードのようなパーツ、脚部のスパイク、腰周りのアーマー、厳めしいフェイスパーツ……と、兜のデザイン以外はかなり似ている。また、背負い方が違うものの二刀流なのも同じ。




関連タグ

勇者特急マイトガイン


パルパレーパ:中の人つながりかつ、勇者シリーズの敵キャラ。主人公舞人の中の人。今のところ、ミフネとパルパレーパの共演の経験はない。


デプスチャージ:中の人繋がり。こちらでも舞人の中の人と共演しており、舞人の中の人が演じるキャラとの対決が描かれている。ただし、こちらは味方キャラ。


ジェミニ・サンライズ他作品に登場するミフネと同じくサムライかぶれのアメリカ人。(何の因果か彼女の師匠と同名)ただし、こちらは間違いを正してくれる仲間がいる。


ゼンガー・ゾンボルトライディース・F・ブランシュタイン共演したら明らかにツッコミをかけてきそうなメンツ。こちらも師匠身内のおかげで正しい日本文化を継承している。(前者は忘れられやすいが)どちらもドイツ人である。


メカムサシンウルトラマントリガー終盤に登場した強敵で、此方は宇宙人が誤った日本観を見いだした。


ジャック・キング:スパロボで「変なアメリカ人」キャラとして定着した先駆者。ネオアメリカのチボデー・クロケット曰く「全宇宙のアメリカ人が誤解される」

関連記事

親記事

勇者特急マイトガイン ゆうしゃとっきゅうまいとがいん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2790

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました