ピクシブ百科事典

カトライア・フジワラ・ブランシュタイン

かとらいあふじわらぶらんしゅたいん

カトライア・フジワラ・ブランシュタインとは、スーパーロボット大戦シリーズの登場人物である。(メイン画像左の女性)

CV:前田愛

概要

エルザム・V・ブランシュタインの亡き妻。エルザムより3~4歳年上だった。
ミドルネームの『フジワラ』は旧姓であり、その名前の通り日本人の血を継いでいる。
穏やかな性格で、ライディース・F・ブランシュタインレオナ・ガーシュタインから慕われている一方で、任務で不在がちなエルザムの帰りを健気に待つなど、芯の強さをあわせ持っている。
特技は料理で、その腕前はエルザムに匹敵するほどであり、エルザムが驚くような新しいレシピを常に考えている。
茶道をたしなんでおり、ライの祖母とともにライに茶道の楽しさを教え、ライが茶道にはまるきっかけを作っている。

エルピス事件カール・シュトレーゼマンの依頼を受けたテロリストであるアーチボルド・グリムズに人質に取られ、毒ガスが仕掛けられた区域に閉じ込められてしまった。
隔壁を強制開放されて毒ガスがコロニー全体に広まって住民が皆殺しにされることを危惧したカトライアはエルザムに自分ごと隔壁を撃って破壊するように促し、最期はエルザムに撃たれて死亡する。
カトライアの死後、京都に墓が建てられ、エルザムやライが墓参りに訪れている。

この事件がきっかけで、カトライアを手にかけてしまったエルザムは心に深い傷を負い、「大義のためには親しい人間を犠牲にしなければならない」というジレンマに苦しむようになったほか、カトライアに想いを寄せていたライはエルザムを逆恨みするようになり、ミドルネームの『Von(フォン)』を捨てて『Fujiwara(フジワラ)』と名乗り、ブランシュタイン家を出奔してしまった。

なお、αシリーズでも死亡しているが、事件の経緯が違うのかエルザムもブランシュタイン家を出奔しており、ライがエルザムを逆恨みするようなことはなかった。

関連タグ

スーパーロボット大戦 スーパーロボット大戦OG
エルザム・V・ブランシュタイン ライディース・F・ブランシュタイン
マイヤー・V・ブランシュタイン
レオナ・ガーシュタイン
アーチボルド・グリムズ

pixivに投稿された作品 pixivで「カトライア・フジワラ・ブランシュタイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 589

コメント