ピクシブ百科事典

ガーフィールド

がーふぃーるど

「ガーフィールド」とは、アメリカの新聞漫画、およびそれを原作とするアニメである。
目次[非表示]

概要

アメリカ合衆国の新聞漫画『ガーフィールド』は、ジム・デイビスにより1978年6月19日から連載を開始しており、2017年現在も連載が続いている。
アニメや映画やゲームなど、様々なメディア展開をしている。

日本では、2009年10月現在英語新聞「The Japan Times」に連載されている。(GoComicsやGarfield.comなどでも初期作から最新作まで原語版のカラーが無料公開されている。)

テレビアニメ『ガーフィールドと仲間たち』は、1988年9月17日から1994年12月17日までCBSにて放送された。日本では、1992年5月から1994年3月までWOWOWにて放映された。2003年頃からはカートゥーンネットワークにて日本語版を新たに製作して放送されている。全7シーズン全121話。


ストーリー

オレンジ色の猫ガーフィールドは、飼い主のジョン・アーバックルや親友のオーディー、それに好敵手のナーマルなどと共に、日常生活の中でシニカルな喜劇を繰り広げる。

特徴

原作漫画と、一部の他の漫画版や映像作品では作風がずいぶん異なる。

本作の主人公は、アニメや映画ではブルドーザーを乗り回したり他の国に行って大暴れするなど非常にアグレッシブによく動き回る。
しかし、原作では、家の中で常に食っちゃ寝しながらTVを見て毒舌を吐くだけでいることが非常に多く、基本的にはそこまで派手な動きをすることはめったにない。

しかし、食べ物に関するエピソードの多さは変わらない。
食べ物に関しては、ラザニア、ペパロニピザ、ファッジ、フレンチフライ・オニオン、ホースラディッシュ、ケーキ、パスタ、ポップコーン、パイ、ドーナッツ、ホットドッグ、ハンバーガー、サンドイッチ、ローストチキン、グリーンピース、アイスクリーム、ポテトサラダ、クッキーなど日本でも馴染みあるものから日本ではあまり馴染みが無い様なものまで様々な食品が登場する。

主な登場人物


本作の主人公。
ジョンに飼われている太ったトラ模様のオス猫。誕生日は6月19日。

ガーフィールド自身は自分こそが“家の主”であり、ジョンを自分の下僕かなにかとしか思っていない。

猫のくせにラザニアやコーヒーやファッジやペパロニピザなどが大好物であり、高カロリー食を大量に食していながらダイエットする気もないのでいつまでも経ってもブクブク太ったままである。

普段の生活の中では「食っちゃ寝」「TVを見ながらカウチポテト」「周りにいる者を困らせる為に大がかりなイタズラをする」という事ばかりしており、これが本物の人間であれば世間から非難を浴びるであろう。

こんなダメなところを挙げればキリがない彼だが、飼い主であるジョンはそんな彼を家族として愛し養い続けており、ガーフィールドとジョンとオーディーはお互いハグをしたり一緒に仲良く食事をするほど良好な関係を築けている。

テディベアのプーキーをこよなく愛し、靴下で出来たパペットに向かってお喋りをし、飼い主が自分よりも可愛い猫をかわいがると嫉妬するなど子供っぽい言動も数多いため、欠点だらけでもどこか憎めない愛嬌溢れるキャラとなっている。

ちなみに、劇中では猫である彼のセリフは飼い主など人間のキャラクターには理解出来ないという設定になっている。(映画版などでは、一部例外あり。)

Garfield



  • ジョン(ジョナサン・Q・アーバックル)
ガーフィールドを飼っている冴えない男性漫画家。誕生日は7月27日。
年齢設定は30代くらいであると思われる。

猫好きであるが、犬のオーディーなども可愛がっている。ガーフィールドにどんなひどいイタズラをされても彼を養い続けているほど心が広い、飼い主の鏡のような人物(?)。
しかし、ガーフィールドにネチネチと嫌味を言うなどささやかな仕返し行為をすることもある。

彼の実家は農家であり、彼の家族は農場を持っている。(作者のジム・デイビスも農家生まれであり、猫の飼育経験もある。)

派手な柄のスーツに、派手な柄のシャツと、派手な柄の蝶ネクタイという、まるで三流コメディアン様な恰好がイケているファッションだと本気で考えている。

現在(2017年)、獣医のリズと交際しているが、デート時のファッションは・・・・・・・・。
リズには服を燃やされた事もある。

Joe



ジョンの友人ライマンに飼われていた終始無言のオスのビーグル犬。いつの間にかジョンの飼い犬になってしまっていた。

ガーフィールドのようにひねくれた態度を見せることは少なく、どんな生き物にも素直に愛情表現をする。
性格は、ガーフィールドとは真逆であるようだ。

ガーフィールドに常にアホ呼ばわりされておりお尻を蹴られるなど酷い事もよくされるが、それでもガーフィールドを良き友、良き家族として愛している。

Odie



  • リズ(Dr.リズ・ウィルソン)
ジョンが長年片思いしていた獣医のお姉さん。

ガーフィールドに負けないくらい皮肉っぽい性格をしている。
しかし、彼女は冴えなくても優しく愛嬌のあるジョンの性格に惹かれ、2006年にジョンとの交際をスタートした。

ジョンとは反対にとてもしっかりしており、着るものもオシャレである。

ガーフィールドを好いている美しいメス猫。

ガーフィールドとは両想いではあるものの、アーリーンがいくら彼との間にロマンチックなムードを作ろうとしても恋愛に関しては不器用なガーフィールドが相手なのでなかなかうまくいかない。

腹黒いぶりっ子な灰色のオス猫。

体が小さくて可愛らしく、彼自身も己の可愛さを自覚しており、人間等から可愛いと思われるためのしぐさを意図的にすることが多い。

見た目も仕草もかわいい為、多くの登場キャラクターから愛されている。
しかし、ガーフィールドはそんな彼を心底嫌っており、よくアブダビ送りにする。


ガーフィールドが心から愛している親友。
ただのテディベアである。

Pooky



ジョンの家に住んでいるネズミ。
ガーフィールドがネズミを食すことを嫌っているため、彼とは友好関係が築かれている。

ジョンの友人。

料理が得意。

ジョンの弟。パパとママの農場に住んでいる。
ジョンと同じくらいもしくはそれよりも酷いくらい冴えない男である。

TV番組に登場する人気コメディアン。
「ハァァァーーーーイ!ネコちゃん!(HEEEEEEEY、CAT!)」というセリフが印象的である。
とにかく、うるさい。


キャスティング

  • ガーフィールドと仲間たち

ガーフィールド(CV:玄田哲章
ジョン(CV:中尾隆聖
オーディ(CV:不明])
ナーマル(CV:兼子由利子
リズ(CV:向井真理子
ピエロのビンキー(CV:原正士
郵便屋(CV:不明)

  • ガーフィールド・ザ・ヒーロー
ガーフィールドー(CV:杉田智和
ジョン / ジョン皇帝
オーディ / オーディアス(CV:堂坂晃三
ナーマル / アブナーマル(CV:宮田幸季
アーリーン(CV:堀川千華
ベトピクス(CV:伊倉一恵
ウォーリー(CV:板取政明)、
  • ガーフィールド・ショー
ガーフィールド(CV:高木渉
ジョン(CV:関俊彦
オーディ(CV:不明)
ナーマル(CV:新田英人
ハリー(CV:河本邦弘
アーリーン(CV:寺谷美香
スウィーク(CV:多田野曜平
リズ(CV:藤葉愛香

関連タグ

ガーフィールド
海外漫画
アメコミ
コミック・ストリップ
海外アニメ
カートゥーン

表記ゆれ

Garfield

外部リンク

ガーフィールド公式サイト
GoComics公式サイト内にあるガーフィールドのページ

pixivに投稿された作品 pixivで「ガーフィールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27374

コメント