ピクシブ百科事典

魔デウス

までうす

魔デウスとは特撮番組『ウルトラマンマックス』に登場した怪獣である。
目次[非表示]

謎の女「名前から発想しますか。天才・金城哲夫的ですね……デウス・エクス・マキナをもじって、魔デウスにしましょうか」

概要

別名夢幻神獣
身長24メートル
体重3万5千トン
出身地夢の中


第22話「胡蝶の夢」に登場
特撮番組『21世紀版空想科学特撮シリーズ ウルトラマンマックス』の脚本家である蓮沼(演:石橋蓮司)の奇妙な夢に登場した原型師の女がデザインした怪獣。
夢の中で主人公トウマ・カイトとなった蓮沼と原型師のやりとりから名前は「デウス・エクス・マキナ」をもじって「魔デウス」、姿は「何を考えてるか分からない掴み所の無さ」、「多くの夢を取り込み過ぎて抽象化した姿」というコンセプトから無機質なオブジェのような球体状となった。
やがて夢の中に作られたマックスの世界で怪獣化し街を破壊し始める。ドーナツ三日月のように変型して攻撃をかわすなどトリッキーな戦法でダッシュバードを撃墜。カイトと入れ替わった蓮沼が変身したマックスのマクシウムカノンも吸収して撃ち返し、球体になっての体当たりで圧倒する。巨大な口を作ってマックスを飲み込むが、現実世界で蓮沼となったカイトが脚本に書き足した、内部からエネルギーを爆発させるという荒業「パワードトルネード」で倒された…はずだが、蓮沼が夢を見ると復活し、現実世界で地震を起こすという影響を与えるようになった。

脚本の結末が書かれないまま暴れたため、途中まで倒す、封印する、大人しくさせるといった解決法が一切存在しなかった。ある意味無敵のウルトラ怪獣だったと言える。

原型師の女

演:真田薫
工房で怪獣を作っている謎の女性。「毎週倒されてばかりの怪獣に世界を制服させてやりたい」という親心(?)から魔デウスを作り上げた。当初は蓮沼の夢の世界の存在だった筈なのだが、現実世界ではバーの客や「ウルトラマンマックス」の制作スタッフにそっくりな人物が登場したり、夢の世界ではミズキやエリーの姿を取って現れるなど蓮沼やカイトを翻弄し続けた。現れると決まって不気味な笑みを浮かべる為、恐らく同じ顔の人物は全て同一人物であると思われる。少なくとも現実と夢を超越した存在である事は確かだが、正体は一切の謎に包まれている。
なお、彼女の言葉通りなら「ウルトラマンマックス」世界を魔デウスに征服させてやる事が目的なのだが、蓮沼のいる現実世界に魔デウスの影響が出ている為、蓮沼のいる世界も征服対象に入っていると思われる。(メタフィクションの為忘れ去られがちだが、そもそも、蓮沼のいる世界も我々からしてみれば「ウルトラマンマックス」の作品世界の一部なのである。)

余談

原型師の工房にあった粘土の怪獣は『ウルトラマンコスモス2THEB LUE PLANET』のサンドロスの没デザイン。後に『ウルトラマンメビウス』のディノゾールにデザインが流用された。

蓮沼の家にあった『マックス』の脚本には「第39話 ウルトラCLIMAX」と書かれている。第39話は『ウルトラマン』最終回の話数であり、同じくマックスも第39話で終了している(総集編である第40話を除く)。

なお上記の粘土の怪獣はエリー役の満島ひかりが、現場スタッフに誘われ撮影用のものを造形している。当時は無名に近かった満島は、この回の監督である実相寺昭雄に「女優に向いている」と言われたことが転機になったと感じており、NHKで取材を受けた際、自身は「実相寺組」であると語っていた。

デザインは酉澤安施。一見シンプルな形状だが造形物は複数作られ、塗装も凝っている。『宇宙船YEAR’BOOK』に掲載されたデザイン画は、変形案を含むメモのようなものだった。ディノゾールに流用されたほうのデザイン画は、ホビー誌の実相寺のコラムに掲載されている。

ウルトラマンオーブ』のメイキング映像中に「胡蝶の夢」というセリフが登場する。

関連イラスト

センシティブな作品
夢幻神獣 魔デウス



関連タグ

ウルトラマンマックス ウルトラ怪獣
メタフィクション
ブンダー:実質この怪獣のセルフリメイクと言える。
ロボット長官:魔デウスの兄にあたる存在

関連記事

親記事

ウルトラマンマックス うるとらまんまっくす

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「魔デウス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15353

コメント