ピクシブ百科事典

シーハルク

しーはるく

シーハルクはMarvel Comicsのスーパーヒロインである。初登場は1980年2月の「Savage She-Hulk #1」。
目次[非表示]

概要

マーベルでも屈指の有名キャラであるハルクの女性版として誕生した。本名:ジェニファー・ウォルターズ。ハルクに変身してしまう科学者:ブルース・バナー博士の従姉妹で、ロサンゼルスで弁護士をやっていた。しかし、自身が担当していた裁判の被告である犯罪者の部下に狙撃され重症を負ってしまう。そんな時、バナー博士の血液を輸血してもらい、一命を取り留めた。

だが、ガンマ放射線を多量に受けていた博士の血液の影響で緑色の肌と耐久性と怪力を持った「女版ハルク」に変身する体質となってしまった。この力を使って、狙撃犯もろとも犯人をとっちめる事に成功。以来、スーパーヒロインとしてのキャリアを歩みだした。アベンジャーズのメンバーとしても活躍するほか、ザ・シングの代理としてファンタスティックフォーにも参加したことがある。

能力

100トンの物体も片手で軽々持ち上げる超人的な腕力や、敵からの攻撃にも耐える強靭な皮膚と回復力を持つ身体へと変貌する。
更にはデッドプールと同じく「第4の壁」を認識出来る(マヴカプ3での掛け合いにて)

ここまではハルクと同じだが、彼女は従兄弟と違い変身後も理性を持ち続けることが出来る。しかし、反面抑圧されていた彼女本来の外向的で激しい性格が表に出るようになる。そのため、当初ジェニファーは自分がシーハルクであることを隠していたが、彼女がシーハルクである事を隠すのを辞め、変身後の自分を楽しむようになっていった。

備考

知力・体力・容姿全てが揃った完璧超人だが、元々コミカル要素の強いシリーズの主人公だったこともあるうえに、鍛えたマッシブボディでは無い為に筋肉と巨乳が備わったボディに性格にも奔放なところがある為、肉体美をおしげもなく晒すことも多い健康的なお色気担当ヒロインとして活躍中。

特に1992年に刊行された「Sensational She-Hulk #40」では、「表紙では全裸なのをコミックスコードが書かれた紙で隠す」 「ページ数を稼ぐようにと縄跳びを渡されて、全裸で縄跳びをするシーンが数ページ続く 」と言う伝説の「全裸縄跳び」を披露した事で知られている……というのは誤りで、実はこの「全裸」は実際には白のビキニ姿だが、縄の残像でビキニ部分を隠すことで読者には裸のように見せているというもの(原理としては水玉コラと同じ)。
ちゃんと同話の中でこのタネ明かしはされているのだが、全裸縄跳び(に見える)シーンばかりが紹介され誤解が広まっているらしい。
ただし表紙絵のコミックスコードの紙の下はビキニではなく本当に裸の設定らしい。紙からはみ出している腰部分にビキニの紐が無いのが確認できる。
(参考サイト:http://marvel.wikia.com/Sensational_She-Hulk_Vol_1_40

関連タグ

MARVEL アベンジャーズ ハルク
グリーンヒロイン 女子力(物理)
公式が病気 - その姿に、および上記備考に関して。

関連イラスト

シーハルク

pixivに投稿された作品 pixivで「シーハルク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 575329

コメント