ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:美輪明宏

アニメ『もののけ姫』に登場する、シシ神の森を守護している犬神

すごく大きい山犬で5メートルは優に超える。宮崎駿によれば、昔の生き物そのものが今より大きかったというが、これは確かに事実であり、犬の仲間にもかなり巨大な存在達がいた(古代の熊など、犬にもどこか似ているがより巨大な生物達も他にいた)。家畜化された犬にも相当なサイズの個体達がいる(参照)。サンの育ての親だが、実子が二匹いる。

山犬の神で、サンを娘として側に置く。人語を解し、高度な知能と強靭な生命力を持つ。また、あくまで仮説だが、水中で気を失っていたアシタカを蘇生させたのもモロの可能性がある。
そして、絶命後、シシ神の体に触れてなお首だけで動き出すことも可能。

シシ神の森を侵すエボシ御前を憎み、命を狙っている。

乙事主とは昔好い仲だったらしい。だが、シシ神の扱いそして人間への対抗への方針を巡って猪族とは意見が対立している。

性格

その恐ろしげな姿から凶暴な印象を人に与えるが、実際は穏やかで心の広い神様である。森に対し敬意を払うアシタカや育て子サンのように、例え人間であっても森を大切にする者には胸襟を開いて接しようとする。

一方、シシ神の森を守る為、またそのための兵糧が必要とはいえ、森を「食い荒らす」猪神達を快く思わない部分もある。

  • 注意しなければならないのは、生態系の観点から言えばモロの態度も一方的であることである。ナゴ達が命を散らしまったので、シシ神の森からは猪神達のニッチに空白が生じてバランスが悪化していた筈である。ナゴ達との違いは、森自体の生産量が低下していることと、山の主レベルの猪神達が大量集結したため、食べる量の違いだろう。だが、彼ら猪神達も人間による伐採に怒っているので、矢鱈にドカ食いすることもないかもしれない。

ちなみに、サンが山で育ったのに裁縫等の技術を持っているのは他ならないモロの教えによるものであり、つまりモロはサンをいつか人間界に戻すつもりもあったとも取れる。また、モロがこれらの技術を知っていたのは過去に人間と交流していた可能性を示唆させる。

そして、あくまでも都市伝説に過ぎないが、愛娘サンの実の親は……

余談

アフレコの際、美輪明宏は最初は「雄々しく近寄りがたい神」として演じたが、イメージの相違に迷った宮崎駿は、上述のように「実は乙事主と昔いい仲だった」とその場で美輪に打ち明けたところ、美輪の演技が女らしく柔らかくなった。
これを聞いた宮崎は「女になったね」と嬉しそうに笑っている。

なお、アシタカがサンを人間界に返すように抗議してきた際に一喝した「黙れ小僧」という有名な台詞は、公開当時映画館で観ていた観衆をもマジでびびらせた。
この台詞は当時たいへん流行し、ダウンタウン松本人志なども使用していた。

関連動画



関連タグ

もののけ姫
モロの子 サン
犬神 二尾 自然神
山犬 ニホンオオカミ

関連記事

親記事

もののけ姫 もののけひめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「モロの君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 565267

コメント