2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV:美輪明宏

シシ神の森を守護している犬神。人語を解し、高度な知能と強靭な生命力を持つ。
白の毛色に二尾の大きな山犬で5メートルは優に超える。

森を侵す人間を憎みつつも、当の人間が自身に捧げる生贄として捨てて寄越したサンを殺すことなく、二匹の実子と共に娘として側に置く。

シシ神の森を侵すエボシ御前を激しく憎んでおり、彼女の命を狙う。

乙事主とは、シシ神の扱いそして人間への対抗への方針を巡って猪族とは意見が対立しており、力を失いつつあることへの恐れからただ闇雲に人間に突撃していこうとする彼らの一族のことを浅はかだと断じている。しかし、昔は恋仲だったこともあり「少しは話のわかるやつ」と称したり、猪族の特攻への誇りなども理解している(だからこそ、「言葉までなくしたか」という言葉の重みがある)。

(ジブリの公式アカウントも年の差カップルと称している)

タタリ神と化した乙事主に取り込まれたサンを救う為、物語終盤で命を落とした。

性格

その恐ろしげな姿から凶暴な印象を人に与えるが、実際は穏やかで心の広い神様であり、人間を憎みつつ、赤子の頃に捨てられたサンを疎むことなく娘として受け入れる度量と実の母のようにその身を案じる母性も持ち合わせている。
アシタカのように、例え人間であっても森への敬意を失わずに立ち振る舞う者については距離を取りつつ襟元を開いて接する。


なお、猪神達には「森を食い散らかす」という辛辣な感想を抱いているが、自分の森でないのに命を懸けて戦いにきた猪神達の事情を考えると複雑である。

余談

宮崎駿によれば、昔の生き物そのものが今より大きかったとのことで、犬の仲間にもかなり巨大な存在達がいた(古代の熊など、犬にもどこか似ているがより巨大な生物達も他にいた)。家畜化された犬にも相当なサイズの個体達がいる。

アフレコの際、美輪明宏は最初は「雄々しく近寄りがたい神」として演じたが、イメージの相違に迷った宮崎駿は、「実は乙事主と昔いい仲だった」とその場で美輪に打ち明けたところ、美輪の演技が艶めいて柔らかくなった。
これを聞いた宮崎は「女になったね」と嬉しそうに笑っている。

こんな時代もあったねと



なお、アシタカがサンを人間界に返すように抗議してきた際に一喝した「黙れ小僧」は、公開当時映画館で観ていた観衆をもマジでびびらせた。
この台詞は当時たいへん流行し、ダウンタウン松本人志なども使用していた。

関連動画



関連イラスト

母さん
ちびサンのおねだり



関連タグ

もののけ姫
モロの子 サン
犬神 二尾 自然神
山犬 ニホンオオカミ
荒地の魔女…ジブリ&声優繋がり。

関連記事

親記事

もののけ姫 もののけひめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「モロの君」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1967750

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました