ピクシブ百科事典

アシタカ

あしたか

映画『もののけ姫』の主人公。
目次[非表示]

CV:松田洋治(日本版)/ビリー・クラダップ(英語版)

概要

本名は「アシタカヒコ」。
蝦夷(エミシ)の末裔の住む隠れ里の住人であった。年齢は17歳(設定資料より)。
内に情熱を秘めた沈着冷静な性格であり、言動は温和で優しい。族長となるべくして育てられたため立ち振る舞いに高貴さがあり、それ故に一人で苦悩する面もある。相棒は赤獅子のヤックル

次期一族の長と見なされていたが、突如現れたタタリ神から村を守る為にかの者と闘い、勝利と引き替えに死の呪いを受ける。そのため掟に従い髪を切り、村と決別し再び村に戻ることは出来ない身分となった。呪いを解く手掛かりを求め西の国へと旅した先で山犬に育てられた少女サンと出会う。

元々、の名手で高い身体能力の持ち主だったが、呪いを受けてからは右腕の呪いの痣によってアシタカ自身の殺意や憎悪に反応して彼の命を蝕むのと引き換えに超人的な膂力を得るようになる。
その力はタタラ場の大人10人でやっと持ち上がる城門を石火矢で重傷を負った身ながら片腕で持ち上げるほどで、弓矢を放てば、直撃した野伏の頭部を兜ごと吹き飛ばし、武器だけに狙い当ててもそれを持つ敵の両腕をも千切り飛ばすほどの凄まじい速力を持つ。単純な力と言うより、呪いの持つ力と言えるのかもしれない。

物語が進むにつれ、痣の力も大きくなったのかアシタカ一人で手練の侍4人による追撃を退け返り討ちに追い込んだ。その戦闘の際にも強固な甲冑を着込んだ侍の腕を甲冑ごと切り落とし、自身へ放たれた矢を掴み逆に侍を仕留めた(この時に痣が急速に広がっている)。

呪われた右腕を切り落とせば済む話にも見えるが、外科医学の知識に乏しい戦国時代に四肢の一部を失うというのは大変危険なことである。また、単純に切り落として済む程度の呪いではない可能性が非常に高く、生きる道を模索するために旅立つのは避けられなかったと言える。アシタカが追放処分とされたのは実際は建前であったのだ。

物語後半からは森と人との調停に奔走するようになり、シシ神を巡る獣神達と人間達との争いに身を投じてゆくことになる。

女性受けがよく、タタラ場の女性達から「いい男」と黄色い歓声を送られるシーンが幾度も登場する。トキからは一目で「いい男」と評されるなど端整な顔立ちをしている。サンやタタラ場の女性達との交流を見るに、おそらく自覚のない天然プレイボーイと思われる。もっとも、快活で温厚な男であるので男女問わず人望はあった。
こうした性質は古代神話英雄によくあるもので、日本神話でも日本武尊大国主命はこの性質を顕著にしている。

逸話

アシタカのアザ


宮崎駿究極のイケメンとして作画に臨んだらしく、制作当時に「オレはいま一世一代の美形を描いてるんだ!!」という言葉を残している。
一方で、松田洋治による声の収録して合わせてみてみる段階になると、「こんなに根暗だったんだなぁ」「いいのかな、こんなに根暗な主人公で」と苦笑混じりな感想を零している。

また、不本意とはいえ「神殺し」を行ったアシタカヒコは、名前から「ヒコ(日子)」という神性をはく奪されて村を追放されたということになる(参照)。

エミシ(蝦夷)を宮崎駿は、大和政権とその支配下に入った稲作農耕民から追われて本州北部の山中に隠れ住んだ、焼畑・狩猟・採集・工芸を生業とする原日本人の残党と解釈しており、アシタカをアテルイの末裔としている。

ちなみに、愛鷹(あしたか)という地名がある。

関連イラスト

アシタカ
駆ける


そなたの中には夜叉がいる。
アシタカの嫁になりたかった


アシタカとヤックル
アシタカ



関連タグ

もののけ姫
ヤックル

岡村まさひこ(役者つながりかつ、野生児と心を通わせる共通点アリ)

カップリングタグ
アシサン

pixivに投稿された作品 pixivで「アシタカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8105055

コメント