ピクシブ百科事典

ナゴの守

なごのかみ

ナゴの守とは、ジブリの映画「もののけ姫」に登場する架空の生物である。
目次[非表示]

概要

汚らわしい人間どもよ…
我が憎しみと苦しみを思い知るがいい… -ナゴの守-

シシ神の森に住む巨大な猪神。物語冒頭に出現したタタリ神の正体。
森に生息している猪神たちを束ねる主でもあり、現在のタタラ場がある領域の森に同胞たちを集結させ、森を切り開こうとする人間たちを実力で排除し続け、大いに悩ませていた。
乙事主やその部下の台詞から、彼が率いる鎮西の猪神の一派とは同族である模様。

雄々しく勇猛であったとされ、九州の山の主レベルの猪神達からも美しく強い兄弟だと評価されている。ただし、防衛戦のための兵糧が必要であったとはいえ、結果的にタタラ場がある領域の森を群れ総出で食い荒らしていたことはモロの君には快く思われていなかった。

しかし、エボシ御前が石火矢衆を率いて討伐に乗り出してくると情勢は一変、その威力の前に同胞は殲滅され、ナゴの守自身も重傷を負い、苦しみと死への恐怖、劣勢から森を逃げ出す。

鎮まり給え


そして、長い逃避行の中で周囲の邪気を取り込みつつ、怨念などの負の感情を増大させ、ついにはタタリ神に変じてしまい、シシ神の森から遥か遠く離れたアシタカの村へと辿り着くこととなる。

堕ちたとはいえ神は神であり、人が手を出すことは禁忌とされたが、村を守るために神殺しを決意したアシタカによって討たれる。それにより身体を覆っていた邪気が払われて本来の姿と意識を取り戻すも、彼の魂を慰め鎮めたいという村人らに対して人間たちへの呪詛の言葉を吐きながら滅び果てた。

彼の意思が、その後のアシタカの右腕に宿っていたのかは不明だが、右腕が明らかにアシタカ以外の意思を宿していたと思わしい場面も見られた。

外部リンク


関連タグ

もののけ姫 乙事主 タタリ神
獣神

関連記事

親記事

もののけ姫 もののけひめ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ナゴの守」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42537

コメント