ピクシブ百科事典

巨神兵

きょしんへい

『風の谷のナウシカ』に登場する巨大人型生物。かつて人類の文明を修復不可能なまでに破壊し尽くしたとされ、スタジオジブリ怪物枠の中でも最強クラスの人造生体兵器である。
目次[非表示]

概要

宮崎駿原作の漫画およびアニメ風の谷のナウシカ』に登場する、強大な力を持つ巨大人型生物。
遥か昔に突如出現し、「火の七日間」と呼ばれる最終戦争で世界のほとんどを焼き尽くした。
尺の都合上からか、漫画版とアニメ版とで巨神兵の扱いは大きく異なる。

アニメではイメージで映された光る棒か槍のようなものを持った赤黒い人影の姿か、身体が溶けかけた不完全な形態しか映されなかった。しかし、漫画版および短編特撮映画『巨神兵東京に現わる』(以下「短編映画版」)では完全な個体の姿が描かれており、肩から背中にかけて発光する突起状の部位が突き出した(短編映画版では胸にもある)細身で筋肉が剥き出しになったような赤褐色の胴体、ヘルメットのような丸みを帯びた頭部、下顎を覆い隠してしまうほどの上顎の長い牙…などの特徴がある。

巨神兵オーマ
巨神兵



また、資料によれば男性器など「不要にも思える」器官を持つのも生物らしさを際立たせている。

アニメ版

序盤から終盤にかけて、本作品の物語の根幹に大きく関わる重要な存在として登場する。
とてつもない巨体と圧倒的な武力によって世界を焼き尽くした恐るべき神として語られており、人々は世界が滅んだ日の出来事を「火の七日間」として伝承で残している。
この語り部のシーンで見られる、燃え盛る街並みの中を炎に照らされながら巨神兵の群れが進軍する光景は、ほんの数秒間だけであるにも関わらず視聴者に絶大な印象を与えた。

劇中では、工房都市ペジテが地中に眠る遺物を掘り起こしている際、偶然生きたままの巨神兵の繭が発掘され、この情報を掴んだトルメキアが巨神兵強奪のためにペジテに侵攻を行う。
その後、トルメキア軍は飛空挺による巨神兵の空輸を試みたが、移動中に何らかの理由で蟲に対して攻撃を仕掛けてしまい、逆に飛空艇が蟲に襲われてしまう。
結果、飛空艇は操縦不能に陥り、ナウシカが住む風の谷に墜落。ここからナウシカたちの物語が始まった。

その後、墜落の報を聞きつけたクシャナ率いる部隊が風の谷に到着し、「飛空艇による本国への空輸」から「墜落した現地での巨神兵覚醒」へと方針を切り替えるため村を占拠。巨神兵も風の谷の城へ運び込まれる。
クシャナは当初、巨神兵を利用して腐海を一掃するために培養していたが、風の谷に押し寄せる王蟲を迎撃するため、仕方なく未熟のままの巨神兵を覚醒させてしまう。

覚醒した巨神兵は王蟲の群れに対してプロトンビームを放つ。放たれたビームは核攻撃と同等の破壊力を有していたが、それでも無数に押し寄せる王蟲に対しては一時凌ぎにしかならず、波を止めるには至らなかった。
そして、巨神兵は再度ビームを放つも、未熟な状態で覚醒させた身体が負荷に耐えきれず腐り落ちていき、ついに死に絶えてしまう。

なぎ払え!


この際にクシャナが言い放った「薙ぎ払え!」や、クロトワの「すげぇ…世界が燃えちまうわけだぜ…」「腐ってやがる…早過ぎたんだ」というセリフはあまりにも有名。
ラストシーンでは骨格だけになった巨神兵の姿が確認できる。

劇中の描写だけを見ると、「謎の古の技術によって生み出された巨大な化け物」としか言いようのない扱いになっているが、「火の七日間」で世界を蹂躙するシーン、そしてとてつもない威力を誇るビームで王蟲の大群を薙ぎ払うシーンは、ジブリ作品の中でも屈指の名場面として語られている。

漫画版


以下は物語の核心に迫る内容なので閲覧に注意してください。

上述の通り、アニメ版ではただの怪物でしかなかった巨神兵だが、原作となる漫画版ではより詳細な成り立ちや活躍が見る事ができる。

その正体は、1000年以上前に人類によって創造された人工生物兵器である。
物語終盤、「火の七日間」以降の世界が、世界再建を目的に生み出された浄化の神・「墓所の主」によって司られてきたことが明かされる。

墓所の主がナウシカに語ったのは、旧世界末期の惨状だった。
有毒の大気、凶暴な太陽光、枯渇した大地、次々と生まれる新たな病。数百億の人間が、生きるためにどんなことでもする世界。
もはや人間同士での調停が不可能となった時、圧倒的な武力を用いて争いに終止符を打つという目的の下に創造された人工の(「調停と裁定の神」)、それが巨神兵だったのである。

ナウシカの生きる時代でもその圧倒的な力は健在。その巨体で街や山を破壊し、口から放出されるプロトンビームは核兵器に匹敵する威力を誇った。
また、額から威力が低いプロトンビームの放出も可能であり、さらに身体から羽らしきものを生やして空も飛ぶなど、どこまでもナウシカたちの持つ技術では考えようのない存在であった。

火の七日間」は前述で述べた人類の争いに対しての裁定の一環と見られ、メイン画像のように人類と高度に発達した文明に修復不可能なほどの壊滅的大打撃を与えた。
アニメ版ではオープニングで彼らが力尽きるかのような描写があるが、漫画版でも骸が残っている描写があるため、こちらも同様に「火の七日間」後には生物としての死を迎えたと思われる。

劇中では、こちらもアニメ版と同様に採掘を行っていた都市ペジテの地下深くから発見された。この、1000年もの間繭の状態で眠り続けていた生き残りが発見されたことが新たな争乱の火種となるのも同様である。
ただし、巨神兵を利用する目的は大きく異なっており、トルメキア軍が土鬼諸侯国連合の聖都シュワへ侵攻するための最終兵器の役割が期待されていた。
また、アニメ版にはなかった「巨神兵の骨格と繋がった装置(発見した工房技術者は巨神兵を動かす装置と考えていた)」と「秘石」が付いているなど差異もある。

この秘石を巡って物語が大きく進み、紆余曲折を経て孵化した時、巨神兵は秘石を所持していたナウシカを自身を産み出した正統な母親として認識。認識後は彼女と行動を共にするが、話し方や思考力は幼児のそれと同程度のものしかなく、抑えられない破壊衝動故かナウシカに接触してきた兵士をプロトンビームで殺害して楽しんだり、ナウシカに咎められて怯えるなど精神的に未熟だった。
しかし、彼女に「オーマ」という名を与えられたことで覚醒、知能が飛躍的に向上。高い知性を持つと共に裁定者たる自覚を示し、巨神兵が本来持つ目的と能力を多分に発揮してナウシカの旅の助けとなった。

最後は、ナウシカの意に従って墓所の主を死闘の末に倒し、ナウシカに看取られながら生命活動を終えた。

劇中では、ナウシカが抜け落ちたオーマの牙に「東亜工廠」との烙印が押された商標を見つけており、過去に存在した組織(おそらく字体からして日系企業)が製造した可能性が示唆されている。

巨神兵の製作秘話

当時のアニメ版の作画担当の一員として『新世紀エヴァンゲリオン』でお馴染みの庵野秀明も携わっていた。
巨神兵の少し前かがみでゆっくり歩行するデザインは、庵野秀明が連日の徹夜でスタジオを亡霊のように歩行する姿から作り出されたとされている。
また、エヴァンゲリオンの素体のデザインは巨神兵へのオマージュであるとも言われている。

2012年に公開された短編映画『巨神兵東京に現わる』にも登場。こちらでは突如現れた災厄として描かれ、東京を焼き尽くすが、その正体や背景は一切語られない。ちなみに、この短編映画は『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』の前座として上映されており、さらに劇中のナレーションは、綾波レイを演じている林原めぐみであった。

関連イラスト

タグはそのものを描いたイラストのほか、巨神兵を彷彿とさせるイラストにも付けられる。
あまりにも印象に残る出番だったためか、他のジブリ作品同様パロディも盛んに行われている。

地球の平和を守るため
世界が燃えちまうわけだぜ


ラピュタのロボット兵 
巨神兵



関連タグ

風の谷のナウシカ 火の七日間 オーマ ナウシカ プロトンビーム
巨神 巨人 核兵器 オベリスクの巨神兵 ロボットの神様 ゴジラ
巨神兵東京に現わる

外部リンク

巨神兵 - Wikipedia
巨神兵とは (キョシンヘイとは) - ニコニコ大百科
巨神兵(風の谷のナウシカ) - アニヲタWiki(仮)

pixivに投稿された作品 pixivで「巨神兵」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3216152

コメント