ピクシブ百科事典

プロトンビーム

ぷろとんびーむ

「プロトンビーム」とは、『風の谷のナウシカ』に登場する兵器である。
目次[非表示]

概要

1000年前に産業文明を崩壊させた「火の七日間」で世界を焼き払ったといわれる巨大な人型人工生命体である巨神兵が口や額から発射する陽子収束弾のことである。

その破壊力は凄まじく、最大出力では着弾地点より巨大なドーム状の爆炎で標的を包み込んで焼き尽くしてしまう。

額の単眼に当たる部分からも低出力のビームが発射でき、人間相手ではそれを使って攻撃する。

しかし、発射の際にかかる巨神兵自身への負担も少なくないらしく、本体が不完全な状態で乱射すると己の身体の崩壊を早めてしまう(原作のオーマも劇場版の個体もそれにより寿命を著しく縮めている)。

また、後に制作された特撮短編映画『巨神兵東京に現わる』で描かれた巨神兵のプロトンビームは口腔内から砲身のようなものが伸びてそこから発射するという描写になっている。

関連イラスト

巨神兵
巨神兵 落書き


巨神兵描いてみた
その時、世界は焼かれ、文明は滅びた……



余談

同じくスタジオジブリ作品である「天空の城ラピュタ」のラピュタの最強の武器「天の火」も巨神兵のものと同じくプロトンビームらしい。両者の破壊力にどれほどの差があるのかは知らないが、そりゃあ世界が燃えちまうわけだぜ。
ちなみに空想科学読本によれば、両者が戦った場合、上空から地上の巨神兵を攻撃できるラピュタの方が有利らしい。
もっとも原作の巨神兵は飛行能力を持っている(劇場版の巨神兵も飛行可能かは不明)ため、実際の有利不利に関してはなんとも言えない。

シン・ゴジラ
ナウシカ風シンゴジラ


上記の特撮短編版を手がけた庵野秀明樋口真嗣の二人が制作した『シン・ゴジラ』に登場するゴジラが発射する放射火炎(作中では“放射線流”と呼称)はまず口から吐き出した膨大な量の炎が集束して最終的にこのプロトンビームのような細長いレーザー状の光線へと変化するという演出になっていた。

関連タグ

巨神兵 風の谷のナウシカ 巨神兵東京に現わる 陽子収束弾 火の七日間

内閣総辞職ビーム

pixivに投稿された作品 pixivで「プロトンビーム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 32760

コメント