ピクシブ百科事典

プラズマ火球

ぷらずまかきゅう

平成ガメラが口から発射する武器である
目次[非表示]

概要

別名「烈火球」。
熱を操る能力を応用して備えられたと言う声がある。
自身のエネルギーを体内のプラズマ反応炉でプラズマエネルギーに変換し、火球とした口から放つ平成ガメラこと徳間大映ガメラの得意技である。「超放電現象」とされているので、実際にガメラがプラズマ電撃攻撃が可能なのかは不明。爆発するので、ただの火炎ではない事は明らか。この点から言えば、「炎に変化したエネルギー弾」または「炎を纏うプラズマ」つまり「炎と電撃の混合」と称しても過言ではないのかもしれない。また、普通に火炎を吐けるのかも不明となっている。

  • 昭和ガメラの火炎も水中や宇宙で使用できるので、やはりプラズマ準拠なのかもしれない。GAMERAも、街が跡形もなくそっくり消え、ギャオスの身体が沸騰し骨まで消えるレベルであり、やはりプラズマや別エネルギーの可能性がある。

昭和ガメラ火炎噴射では、通常の生物とは比較にならない耐久性を誇る怪獣間の戦いでもあるので、攻撃の性質上決定打となる条件が限られていた。それに対して、こちらは「弾」であり「貫通力」と「爆発」を得た関係上、命中率は下がるが、威力と射程距離、威嚇性が格段に向上し、「必殺技」としての効能と貫禄を得た。事実、昭和ガメラでは火炎噴射が決定打となったのはたったの一回(しかも最終作で陸上で動けなくなった水生生物に対して)である・・・。「まるで火炎噴射にお情けをかけたようだ」と思った人は爆砕しろ。
  • ギロン戦では、ミサイルを火炎で引火させたのであり、火炎そのものによる結末ではない。

プラズマ火球
ガメラ火球発動寸前(過去作編集version)


直撃さえすれば一撃でスーパーギャオスを粉々にする程の威力の上に、「放電現象」でもあるため、鉄など本来なら燃焼が不可能な物質をも瞬時にして灰燼に帰すという、実際のプラズマ現象ですら凌駕する驚異的な熱量をもつ(ちなみに、現実でのプラズマ現象も、人工のプラズマですら太陽の表面温度を超す)。発射に極僅かに「溜め」があるが、ラグやリロードもほとんどないため空中を飛ぶ敵以外には問題なく撃て、素早い連射も可能な優秀な技である。驚異的な飛行能力に恵まれるギャオスハイパーですら、度重なる地上からの連射を避けるのに苦労していた。仮にプラズマ反応炉が破損すると再生するまで使えなくなるのが弱点だが、そんな窮地は劇中では一度もなかった。3連発の「樋口撃ち」はもはやお約束。3作目のみ、樋口撃ちを二度か三度行っている。とくに二作目の飛行→着地→スライディングからの使用シークエンスは有名(ファンによると、元ネタは昭和版にあるらしい)。

2作目レギオン戦ではマザーレギオンの干渉波バリアに完全に防がれ、三作目では渋谷でのギャオスハイパーとの戦いにて流れ弾で渋谷が壊滅し、京都での邪神イリスとの戦いでは、イリスのテンタクランサーで弾かれて京都が壊滅する等、決め技としてより悪い意味で印象に残っている。

が、常に進化する生物であるガメラは火球の威力と使い勝手も向上しており、3作目での威力は

  • 約1kmの範囲を吹き飛ばす
  • 緊急事態でのチャージ無しでも仙台をクレーターにした爆発に耐えた自身の身体の一部を吹き飛ばす(それなのに自衛隊の通常攻撃で悲鳴を上げたり、墜落してるところには触れてはいけない)←『1』でのガメラは休眠から覚めたばかりで正直あまり強くないとする意見も多い&古代では飛行の最中に「撃墜」される経験が一度もなかった可能性があり、初めての体験しかも眠りから醒めて間もなく、不安定な空中での事を考慮されるべきである)
  • ハイ・プラズマなら小型の水爆なみ
  • 不安定な空中からの樋口撃ちも、地上から視界に入るパノラマの遠景が全て炎上する
というとんでもないものになっている。『2』と『3』でも、もし素の威力での火球が着弾していたら、敵達はただではすまなかったと思われる。
  • 設定上では、渋谷戦の段階では既に世界中でギャオス駆除に奔走している最中であり、疲弊していたために火球の威力と命中精度が低下していたためにギャオスを一撃で粉砕できなかったとする考察もある(それでも爆風と爆炎が上空にまで達するほど)。実際、多少は休息ができた?と思われる後のイリス戦での空中からの「樋口撃ち」は上記の通り非常に威力が高い。

なお、ガメラ3のプロットでは「ホーミング・プラズマ」という云わば生体ミサイルと化した火球が主力武器になる予定だった。

派生

ハイ・プラズマ

GAMERA


(画像は『GAMERA』版)
周囲のマナや熱エネルギー、高濃度の酸素など起爆剤・火力増強の材料となるものを吸収、または体内において火力を倍増させるなどして、普段よりも多くエネルギーをチャージして放つプラズマ火球。
1作ではスーパーギャオスの頭部を粉砕し(媒材は爆炎)、2作目ではレギオンプラントを破壊(高濃度の酸素を摂取)、3作目では渋谷に墜落したギャオス・ハイパーへの止めとして使用している(自己強化)。

  • これに似たチャージ攻撃を、『GAMERA』における個体が、火炎噴射の効力を増大させる形で使用している。この時の威力・射程は、火炎故に爆発性は無いが、火炎故に命中範囲が広く、ギャオスの群れどころか前方の市街地を丸ごと焼き払っており、G3版の火球同様、主役怪獣の通常技としては、特撮怪獣史上でも稀に見る強大なものであった。小型とはいえ怪獣の体が沸騰・蒸発し、街が跡形もなく消し飛ぶなど、(風圧で吹き飛ばしたならあんな風には建物が消失しないので)とんでもないほどの超高温であることが予想される。ある意味で、昭和版の名誉の回復である。ただし、温度を考慮すると焔が蒼くなっていても可笑しくないのだが、そうするとライバルのアレと被る。
  • 小さき勇者たち~GAMERA~』の世界観でも、トトが使用した「トトインパクト」がこれに値しており、先代または同一個体のアヴァンガメラなど他の個体も、自爆に転用しなければ火球として使用が可能と思われる。なお、この亜種のガメラ(族)は、熱エネルギーの他にも、よくわからない謎のエネルギーを養分としたり操ったりしている。

ウルティメイト・プラズマ

ガメラ最強の技、詳細はリンク先参照

バニシング・フィスト

プラズマ火球の応用、詳細はリンク先参照

角川版火球

ツイッター1時間お絵描き其の23


角川ガメラたちの使用する火球。厳密にはプラズマ火球ではなく、このガメラ族に特有の「紅いエネルギー」を練りこんで生成されている。

幼少時はほぼ射程のない、巨大な通常の炎であり、10mごろのサイズになるとそれなりの威力を持つ炎の塊になる(すでに紅いエネルギーを含んでいるが、爆発性を持っているのかは不明で、「火炎球」といった方が正しいかもしれない)。このガメラ族にとっては、「爆発性」を有する「火球」(および回転ジェット)を取得することが(ある程度)成熟(≠成獣)した証になるのかもしれない。

成熟する(アヴァンガメラのレベルになる)と、「火球」としてオリジナル・ギャオスの成体を一撃で撃墜する高威力を得る。爆発力も徳間ガメラが進化する以前よりも大きいように思われるが、プラズマ火球のような連射ができるのかは不明。この世界では、確認されている限りではガメラ族の体躯が徳間版よりも大幅に小型化しているため、相対的に火球の威力とサイズも縮小しているように思われがちだが、それでも爆発力は『G3』以前と謙遜ないか上回る感もなくもないので、サイズ比からしたらかなり強力な威力を持つことが見受けられる。

また、煙が尾を引くので暗闇ではプラズマ火球よりも目立ちにくく、発射と飛来音も静かなため、敵に気づかれにくいという点もあるように思える(実際、ギャオスたちは先読みで発射された火球が命中したり、灯台に気を取られていたこともあるが、すぐにでも着弾しそうな距離に火球が接近するまで気づかなかったっぽく見える)。弾速はプラズマ火球よりはほんの少し遅いようにも見えるが、どちらが速いのかは不明。また、火球の生成にプラズマ火球よりも多くのエネルギーや時間を要する可能性もあり(劇中では少なくとも連射は未披露)、「樋口撃ち」のような芸当ができるのかも不明。

プラズマ火球との違いは、(通常時は)炎の代わりに煙の尾を引くこと、おそらく完全に成長しきらないと頻繁に使えるようにはならないこと、最期の切り札として少なくとも2種類の転用方法があること。そのうちの一つは自爆という、自ら起動できるという点ではガメラ史上初の自爆技である(自爆をした個体は他のシリーズにもいる)。もう一つは通常よりも巨大な火球。自爆時に変化する虹彩とそっくりの質感の火球が、まるで光子をまとっているかのようなエネルギーに包まれている。この時は煙の炎は引かない。未成熟のトトでさえ破格の威力を持つ。なお、これら切り札の使用時にはガメラの全身が紅く炎熱化しており、万が一敵の体が触れていたら即座に炎上して灰になる

その他

オーバーブースト・プラズマ

オーバーブースト・プラズマ


ヒトのDNAを取り込んだ人間型成体イリスが、ガメラを取り込みガメラ化しようとしている最中、ガメラの血液から得た生態情報でコピー、強化したプラズマ火球。数本の触手から同時発射が可能。が、ガメラに止めを刺すどころか、ガメラが自ら火球で吹き飛ばした右腕の切断面に着弾するも何の効果もなく、むしろ上記の「バニシング・フィスト」の生成に利用された。「強化した」とされるが、実際は何がどう強化されているのかは不明で、本家との威力の差も不明。

  • コミックス版では、ガメラの顔面に打ち込むも、頭部が炎に包まれた状態でガメラが発射した本家火球に一撃で粉砕されてしまった。また、それ以前の初期案では、なんと最後はガメラがイリスを捕食して止めを刺す予定だったらしいのだが、あからさまに大人の事情すぎるので変更になったとか。要は喰って喰われるというイリスの因果。

余談

ガメラ火球発射


Pixiv上にては、プラズマ火球と火焔噴射共々、理由は不明だが、「発射の際の発光/火炎」が多く描かれているが、火球そのものが描写されている作品は(タグ付けされている限りでは)一枚もない(有名な怪獣絵師の方が急きょ上の作品を挙げてくださった)。火炎噴射なら上のハイ・プラズマの段のものが唯一の作品であり、オーバーブースト・プラズマも、奇跡的だが上の作品が描かれた。少し違うがウルティメイト・プラズマでは一つ存在する。

初代ガメラ


昭和ガメラの火炎噴射も、この一枚が上げられるまでは全くなかったし、角川版の火球も上の作品が(発射・未発射ふくめて)唯一である。これは、ゴジラの放射火炎などとは雲泥の差である。


GMK』同様、平成ガメラの親戚と言えなくもない『シン・ゴジラ』の放射火炎は『大怪獣空中決戦』の樋口氏によるコンテでのプラズマ火球の描写(口が大きく裂け、首元が発光する)と共通点が見られる。

関連タグ

火球 火炎弾かえんだん) 火炎放射かえんほうしゃ) ガメラ 必殺技

pixivに投稿された作品 pixivで「プラズマ火球」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4833

コメント