ピクシブ百科事典

昭和ガメラ(怪獣)

さいしょのがめら

昭和ガメラ(怪獣)とは、つまり最初のガメラである。
目次[非表示]

概要

1965年のシリーズ第1作から1980年の昭和シリーズ完結までの八作(というか大映が倒産するまで)に登場する。

古代アトランティス大陸に生息していたという牙付きの巨大な亀。

最終作(というかパラレル世界を舞台とするダイジェスト版)に登場するのは別の個体とされ、sいかもどうも元はただのミドリガメだったようで、正義の宇宙人の力によって勝手に怪獣にさせられたのだとか(この世界では商用キャラクターとしてのガメラが存在する)。

特徴

身長60m
全高不明(京都駅ビル構内に侵入できる程度)
体長不明
甲羅長径不明
甲羅短径不明
体長不明
重量80t
年齢約8,000歳(パラレルワールドでの個体は不明)
飛行速度マッハ3(宇宙空間では亜高速
水中潜航速度150ノット
歩幅20m
出身地古代アトランティス大陸
好きな(食べ)ものミサイル核燃料なども含む、ありとあらゆる熱エネルギー
嫌いなものタマネギニンジン
趣味モンキーダンス


核兵器搭載機の墜落によって北極の氷の中(初代ガメラの劇中ではアトランティス大陸は北極にあったということになっている)から覚醒し、(たぶん腹を空かせていたので)日本へ上陸して暴れまわる。後年では完全に子供たちの味方、正義の怪獣となるガメラだが、この時は徹底的に街を破壊し、逃げ遅れた人々を火炎噴射で焼きはらっている。しかし、この時点でも子供にだけはなぜか優しいのであった。しかしいくら子供には優しいと言ってもあまりにも暴れまくるため、人間側の作戦で火星行きロケットに乗せられて宇宙に叩き出される。

が、ガメラ対バルゴン冒頭でロケットが偶然隕石と衝突、脱出したガメラは自力で地球まで帰ってきてしまった。地球に帰ってくるなりまたしても暴れ出すのだから困りものである。だがこの際は敵のバルゴンが実質的な主役だったため、ガメラの出番は少なめで、最終決戦でバルゴンを倒した後はどこかへと去っていった。

その後ガメラ対ギャオスで子供の味方という描写を決定づけ、人間には敵意を示さなくなる。
これ以降はほとんどの作品で「子供の味方」「人間の味方」というスタンスが明確に作中に表れており、人間社会に害を為す怪獣や宇宙人から子供たちを護るために戦うようになる。
別個体は最期に宇宙海賊ザノンの船に特攻して宇宙に消えた。

身体機構

悪魔の使い ガメラ


よりも強い細胞組織を持つとされ、惑星間の移動も難なくこなすなど過酷な環境にも耐え、長時間、水中や宇宙空間などでも無呼吸で活動ができる。弱点は低温で、劇中でバルゴンの冷凍液に敗北した際に「冷たい温度に弱い」と言われており、自衛隊の冷凍爆弾を受けた時も短時間活動を停止している。しかし生命力がとんでもなく強いため、たとえ氷漬けにされても自然解凍しただけで復活できる。

当然だが、歴代のガメラに比べて最も原始的であり、最も四足歩行に適した体躯である。実際、初期二作では四足歩行の方が多かった。バルゴンとの対決では珍しい四足同士のバトルを(部分的に)繰り広げた。非常に真っ平らな胴体をしており、文字通り車輪走行が可能なほど。手足は正直、歴代でも特におぼつかない弱々しさを感じさせるが、後述の通り、実は人間の体操のオリンピック選手に引けを見せないぐらいの強靱なパワーを秘めている。

顔つきは眼が虚ろで見ようによってはのんびりとした印象だが、一方で鋭い頭の形や牙の並んだ口は凶暴な印象を与え、独特な雰囲気を醸し出す。

  • 顔の容姿は後年の個体ほどワニガメには似ていないものの、どちらかといえばゼニガメやクサガメのような日本の淡水亀に似ており、そういう意味ではモチーフとなった種類に最も近い(平成ガメラはウミガメ、角川ガメラはリクガメがモチーフとされている)。

知能は非常に高く、人間の兵器や構造物の用途を瞬時に理解して効率的に使用し、さらには人間の言語をも聞き取れると思しき描写もある。

GAMERA 1965


主に熱エネルギーを武器に様々な怪獣と戦う。
好物はで、燃え盛る炎を口から吸い込んだり、石油石炭など燃えそうなものを好んで食べ、体内で燃やしているらしい。口から吐く巨大な炎が最大の武器とする一方、火力を弱めることで溶接用のバーナー代わりにする描写もある。なお、この炎は水中や宇宙空間でも燃焼し、優れた文明性を持つ宇宙人の円盤を数秒で破壊するなど有効打となる条件さえ揃っていればかなりの威力を発揮する。

  • この武器はあくまで「火炎“噴射”」であり、火炎“放射”ではない。これは四肢から炎を噴射するのとイメージが合致している。

手足を引っ込めた穴から炎を猛烈に吹き出して浮上・飛行することが出来、さながら円盤のようにマッハ3の速度で飛び回る。また、足部分からの噴射のみでも速度は落ちるが飛行可能。宇宙空間では亜高速にまで達する。
  • なお、足のみからの噴射のジェット飛行が生まれた経緯は要は火薬の節約であった。そのため、初披露作品ではごくごくわずかな戦闘の補助的な使用のみで使われた。

ガメラ対バルゴン


生命力が異常に高く、腹部を貫通されても相手になお挑みかかる。
怪力も武器で、ジャイガーなど自身と体重差の大きい相手でも楽々と投げ飛ばせる。
また、重力の異なる別惑星上とは言え、体操のオリンピック選手に匹敵するウルトラC級の技を見せるほど身体能力が高い。
ワニガメらしく特に顎の力が強力で、バルゴン琵琶湖に、ギャオスを強引に富士山の火口に引きずり込んだほど。

手先も器用らしく、物を掴んでそれを振り回したり投げ飛ばしたりといった芸当も可能。

怪獣シリーズの主人公にふさわしい能力を持つが、一方で大きさの割に妙に体重が軽い。身長2mまで縮めると立方根でたったの3㎏。計算上、紙で折った同じ大きさの折鶴より軽い。この身軽さも体重の軽さによるものかもしれない。

熱エネルギーを含むものならほぼ何でも吸収の対象であり、ミサイルや原子爆弾の熱、果ては敵の放つ破壊光線すら好物に含まれるが、そういったものには貪欲な所もあり、他に目的があってもをそれらを見つけるとたちまち意識を持って行かれてしまう(ジャイガーの復活を阻止しにきたのに、近くの火山の噴火にたまらずホイホイされていってしまうジャイガー復活)ことから、もしかしたら集中力というか食欲への耐性が低いのかもしれない。

一方ではタマネギとニンジンが嫌いであるとされる(公式プロフィール)。
ただし、これは子供と共有できる感覚を持っていることの表れでもあろう。

なお、たまたま(という名の大人の事情または別の何か)だが黒部ダムを三回も破壊している

関連タグ

ガメラ
徳間ガメラ 角川ガメラ GAMERA(怪獣)

関連記事

親記事

ガメラ がめら

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「昭和ガメラ(怪獣)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2495

コメント