ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

角川ガメラ

かどかわがめら

角川時代のガメラシリーズ及び該当作品に登場するガメラ達を指すカテゴリーである。
目次 [非表示]

概要

それまで大映徳間大映に所属していた看板怪獣ガメラが、前社が角川グループに併合されたことにより、キャラクター性を一新して転身した。


便宜上、俗に平成ガメラとして知られるガメラとは(一応こちらも平成期の出身なので)区別するためにここでは「角川ガメラ」と称する。


大映が角川グループ入りし、社名を「角川映画」に変更してからの作品『小さき勇者たち~ガメラ~』では「アヴァンガメラ」と「トト」と言う呼称をつけられた個体が登場。体表や甲羅の質感、体色、必殺技などが大きく変更されている。


一番の大きな変更点は体重であるが。


2015年に公開された個体も、2006年版と前2シリーズの特徴を受け継いだ容姿と声と能力を持つ。


なお、2006年版も2015年の個体もリバースガメラも、成体のギャオスよりも巨大という意味で以前と逆転している。


2006年版のモチーフには初めてリクガメ及び草食性の亀が用いられ、所属社が大映から変わったのを象徴するかの様に前2シリーズと比べてより個性が強い。


タイトルでの表記が全員「GAMERA」なのも共通している。


該当個体

余談

  • トトの記事に記載してあるが、ガメラに馴染みのない国々でガメラの知名度を上げたのはトトである。

関連タグ

ガメラ ガメラシリーズ ガメラ怪獣


シャーマンキング:ガメラと同じく、版権先や掲載メディアが3度も変更されてもシリーズが存続している作品の例。2024年1月にも続編がアニメ化される。

関連記事

親記事

ガメラ がめら

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 23683

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました