ピクシブ百科事典

バニシング・フィスト

ばにしんぐふぃすと

ガメラ3でイリスにトドメをさした技
目次[非表示]

概要

別名『バニシング・ソード』。
海外では「怪獣サイズのファルコンパンチ」と呼ばれることも。

ガメラ3におけるイリスとの最終決戦において、ガメラは右腕をイリスに縫い付けられて動けなくなってしまう。更にイリスはガメラの血液を吸収してDNA情報を入手、ガメラの得意技である「プラズマ火球」をもコピーしてしまう(通称「オーバーブースト・プラズマ」)。

オーバーブースト・プラズマ



それを見たガメラは躊躇なく自身の右腕を火球で粉砕し、放たれたイリスのプラズマ火球を右腕部で受け止めた。

バニシング


なんとプラズマはガメラの腕の形に変化したのである。これが「バニシング・フィスト」である。

※元々ガメラは周囲の熱エネルギーを操作・吸収する能力があるので、それを応用してイリスのプラズマ火球を自分の物としたのだと思われる。マナも使用したのかは不明。

損傷した腹部にバニシング・フィストを叩きこまれたイリスは、内部から焼きつくされて爆発、遂に倒されたのであった(それでも死んではいなかった)。

イリスの体内のエネルギーが反応した可能性もあるが、着弾時の爆発は地響きを立てて可視化した衝撃波が遠くまで達するほどで、威力は少なくとも「強化された」とされるオーバーブースト・プラズマ2発分を凝縮したぐらいはあると思われる。今回のイリスのように、体内に爆炎を流し込める傷跡を既に作っていたからこその威力なのか、万全の状態で他の怪獣にも必殺技として十分に通用するのかは未知数。特に、レギオンやアルビノ・ギャオスのようにプラズマ火球を無力化する能力を持つ相手に当てられるのかも不明。

その他

もういちど、できるなら


(これもある意味ではバニシング・フィストの延長とも取れる)
あくまで、緊急的な状況下において使用した技であるため、通常時においても似たようなものが(さらに進化した際に)使えるようになるかは不明。これまで確認されてきた、似たような類の攻撃法には、以下のものがある。

・『3』の初期案にあった「バーナー」や『ガメラ4 真実』で披露された「エルボーソード」が似た意匠を組んでいる。

ガメラの禁じ手2



後年に確認された陸棲型の亜種には、限定的な技として、必殺技または自爆を放つ準備段階で腹部の文様と身体全体が赤白熱化し、この熱は敵の身体の一部を消し炭にしていることから、格闘攻撃に転用することも可能と思われる。

余談

  • 製作途中時のコードネームは灼熱ゴッドフィンガー(そのまんま)であり、本来は腕を失う予定もなかったが、こちらも結局は大人の事情によって没になった。イリスの最期には、大人の事情がたくさん絡んでいたのである・・・。
  • 『ストリートファイター』シリーズザンギエフが「バニシングフラット」という良く似た名前の技を持ってるので、そちらの名前と間違って覚えてしまっている人も多い。

関連イラスト

ガメラ バニシングフィスト
やんのかコラ5


関連タグ

ガメラ 邪神イリス
バニシングフィスト - 表記揺れ
ほのおのパンチ
ゴッドフィンガー
エヴァ初号機 立花響

pixivに投稿された作品 pixivで「バニシング・フィスト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17115

コメント