2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

広義には、荒ぶる神や祟りを成す神。
祟り神」タグは「タタリ神」タグとは違う使われ方をしている。

もののけ姫

もののけ姫』に登場する、赤黒い触手の塊のような巨大な怪物
触れる者全てを死に至らしめる尋常ではない強さの瘴気を発し、自らを傷つける者には呪いをかける。端的に言えば、その名の通り「祟る」。
その姿は土蜘蛛そのものであるとも言われている(土蜘蛛という表現はアシタカ達にもあてはまるため、エミシの村を襲ったのはある意味皮肉である)。

タタリ神 筆ペン画


その姿は変幻自在で、触手を体の横から伸ばして脚を形成し、猛スピードで移動したり、邪魔者を薙ぎ払ったり捕縛することも可能。垂直に近い岸壁を這ったり、機械的に方向転換したりと、まるでクモの化け物の如く暴れ回る。しかし、この変幻自在ぶりは、実際のところは物理的な攻撃よりも呪いを広範囲に拡散させる意味合いが強く、フィジカル面でのパワーアップはあくまでおまけである。

鎮まり給え
たたたたったりがみがみ


(→は蝦蟇っぽい見た目)
その正体は、古い神が怒りや悲しみ、憎しみといった負の感情を爆発させ、野山に満ちる邪気を取り込んだ結果変生する荒ぶる神そのもの。作中では2体が確認されているが、どちらも元は名のある猪神だった。
だが、この「タタリ」の根源は、本来は生命を守護する神であるシシ神が、別の一面である破壊神死神に変貌した際に見られた現象なのかもしれない。
呪いそのものであるだけに、その精神は憎しみと怒りによって塗りつぶされており、動くだけで足元の植物を枯らし、木々を瞬時に腐らせるなど、無差別に呪いと死をまき散らす厄災と化してしまっている。タタリ神になったナゴの守、なりかけた乙事主のどちらも瀕死の重傷を負っていたにもかかわらず凄まじい身体能力と俊敏さを見せているが、前述の通りタタリ神になった代償として理性を喪失し、もはや意思の疎通は不可能となってしまう。
(ちなみに、赤く光る目の部分は元の姿を考えるとおかしな位置に付いているのだが、アシタカが目を射た際には本体の黄色の目も潰れていたので、本体の視神経と直接つながっているのかもしれない。)

劇中で最初に登場したタタリ神は、かつてシシ神の森に住むナゴの守という名の有る猪神がエボシ御前との生存戦争に敗れ、走り回る内にその痛みと死への恐怖、そして人間への憎しみによって、山野に満ちる邪気を集めて変じたものである。
2体目は、鎮西(九州)の猪神の長・乙事主。こちらは完全に変生する前にシシ神によって生命力を吸い取られ、息を引き取った。ナゴの守のような完全なタタリ神にはならなかったが、目の焦点は合わず、以前のような思慮深さは微塵も感じられないどころか言葉すらも話せなくなった上、血反吐を吐きながら猛進する姿はまるで生ける屍である。乙事主自身、一族からタタリ神が出てしまった事を嘆いていたが、皮肉にも自分自身が、人間への恨みと死への恐怖によって道を踏み外しかけたのである。

たたり神の最後


完全にタタリ神化した個体は、死の間際には「タタリ」が抜け落ち、毛皮や肌肉が焼け付いた状態で元の姿に戻る。
その際、当然だが人間側の対処によっては憎悪が和らぐ事もある。例えば「塚を作って祀る」等、人間側が真摯な敬意や弔意を見せた場合、一瞬だが神としての風格を取り戻し、その後肉体が一瞬で溶け落ちる。
タタリの代償なのか成仏したのかは不明だが、すでに肉体は限界を迎えていたが、怨念のパワーだけで骨肉を維持していた…という解釈もできる。
(事実、触手の間から時折見えていた本体は傷だらけでボロボロであり、石火矢つぶてによって既に致命傷を負っていたことも示唆されている。)

タタリ神の呪い

アシタカは村を襲ったタタリ神から村を守る際に、タタリ神の触手に右腕をやられ、そこに呪いを焼き付けられている。

闇落ちアシタカさん


この呪いは黒いアザとして残り、受けた者の命を蝕んでいく同時に、削った命と引き換えにその者の潜在能力を強制的に引き出す、まさに「神の毒」と言える代物である。アシタカの故郷の長老ヒィさまによれば、アザは時間とともに全身に広がり、それが死へのタイムリミットであるという。
このアザは劇中にて、アシタカが怒りや憎悪、戦意を表した際、彼に超人的な力をもたらしていたが、その威力はまさに人間が扱うには過ぎた代物であった。
野武士との戦闘では矢を射る際に右腕の痣により腕の筋肉が波打つように肥大化し、強化され、一射だけで首や腕を吹き飛ばし、それを見た別の野武士はたまらず「鬼だ…」と呟いき戦慄している。
その後もタタラ場で大太刀の刀身を素手で握り、片手だけで藁のように捻じ曲げて見せ、10人掛かりで開閉する大門を片腕だけでこじ開けるなど、人智を超えた強大なパワーを見せている。
また、強化されるのは単純な腕力だけではないようで、タタラ場を去る際に石火矢の直撃を生身の腹に受けてているが、少し仰け反る程度の反応しか見せず、顔色ひとつ変えずに先の大門をこじ開けている。その際、アシタカが流していた血はかなりの量であり、不自然に黒ずんだ異様な色をしていた。
この時点で、アシタカはある程度自分の意志で呪いの力をコントロールできていたようで、呪いを受けた右腕からタタリ神の触手に似た幻影のようなものを浮かび上がらせ、それを「身の内に巣食う憎しみと恨みの姿」と呼んだ。呪いの力は無意識下で働くこともあれば、意識して制御することも可能のようである。

呪いの力は後半でも強まりつつあるような描写があり、堅牢な甲冑を身に纏い、薙刀や弓で武装した手練の侍4人を同時に相手取った際には、斬りかかってきた侍の腕を甲冑ごと切り落とし、別の侍が放った矢をほぼノールックかつ片手で受け止め、その矢を甲冑を貫いて即死させる威力で投擲している

なお、作中では猪神がサンを巻き込む形で一時的にタタリ神化したが、この世界の他の生物神や生物にも普遍的に「タタリ」を発する力が潜在しているのかは不明。哺乳類だけでも、山犬犬神または大神)や猩々猿神)、作中には登場しなかったが存在するであろうカモシカの神やヤックルと同じアカシシ鹿ヤマネコまたは大山猫、熊の神、などもタタリ神化する可能性がある。ただ、ヒィさまによれば、少なくともナゴの守クラスの動物神がタタリ神化することなど普通は有り得ないという。

その他およびタグ付けに関して

ただでさえヤバイ姿(特にクモ恐怖症には卒倒もの)をしているのに、まっくろくろすけ化けて出たような様相をしているため、まっくろくろすけファンには少々キツいかもしれない。アシタカが対処した際のシーンや成仏(?)シーン、某Gさんっぽい動き方なども含めて、SAN値をゴリゴリ削られるのは間違いない。

後の「千と千尋の神隠し」に登場した「オクサレ神」のうち、元は偉大な神だったケースに関しては、本来の神性が人間によって喪われたという点で共通する。オクサレ神の姿は、「三すくみ」である蛙と蛞蝓の働く油屋に蛙と蛞蝓を足したような姿で現れ、千尋達の尽力によって白蛇または白龍のような本来の姿に戻っている。

王蟲とは、殺さなくても鎮静化できる点が異なる。

イラスト

上記の「タタリ神」のように、邪神または荒神と化した動物を指すこともあるため、「もののけ姫」で見られたような姿やデイダラボッチを思わせる姿の他の生物種が描かれることもある。

兎神
沖ノ八目岩
祟り神
黒神龍ギランド


既存のキャラクター(とくに神の類やジブリ関連、毒々しくてどろどろした奴ら、丸っこくて毛むくじゃらな物体)が荒ぶっている、またはそんな見た目(荒ぶりそうな、タタリそうな、見た目的にタタラれている)、良くわからんけど、なんだかガチでヤバそうなものまで同様のタグ付けがされることも。

タマムシジム
平城遷都1300年祭マスコット
やせいのベトベトン
後ろのトトロ
山神
もんじゃら
顔の頭蓋骨と鹿
祟り神降臨!幻想郷最後の日!
全速力で逃げろ


以下のようにイラストそのものが荒ぶっている場合もあるが、こういう時はたいてい解説やコメントも荒ぶっているものである。

センシティブな作品
きちゃだめ~


宮崎さんが
センシティブな作品


ごく稀にだが、かわいい作品も存在する。

カチカチカチカチ・・・・



関連イラスト

本質的には関係ないものも含まれるが気にされない事を願う。

タタリ神の最後のセリフが聞き取れない!!
┌(・・┌ )┐......
TATARI
アシタカ chuuni-version
もじゃんぼ
暗きもの(DarkOne)
ムック
腐神が現れた。
メブキジカのウッドホーン!
ジムリーダーのエリカは モジャンボをくりだした!



関連タグ

もののけ姫
恨み/憎しみ 呪い 触手
ナゴの守 乙事主 デイダラボッチ
祟り神/邪神
封印されし者 大海獣 モジャンボ ムックドドロウロボロス(バイオハザード)(毛むくじゃら繋がり)
みんなのトラウマ クトゥルフ ホグジラ
メタグラードン(タタリ神とデイダラボッチがモデル)

┌(┌^o^)┐ - そういう勘違いもあるさ。

関連記事

親記事

もののけ姫 もののけひめ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1240121

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました