ピクシブ百科事典

ヤックル

やっくる

ジブリに登場する架空の動物。
目次[非表示]

概要

宮崎駿の作品『もののけ姫』に登場する架空偶蹄類

カモシカの類つまり牛の仲間だが、アカシカに近い体躯。人を乗せられるパワーを持つという点では、ヘラジカオオツノジカ等の大型の偶蹄類にも似ているかもしれない。「カモシカのような足」という誉め言葉に関しては、実際のカモシカよりもあてはまる (カモシカの足は太くて短め)。

モデルとなった動物はエランドであり、巨大な角はアイベックスオリックス、サオラ、セーブルアンテロープ、ブルーバック等にも似ているマーコール等には派手さでは劣るが、かなり立派。これらを使って頭突きを行うかもしれない。

西へ
アシタカとカヤ


同映画の設定に拠ると「今は絶滅したアカシシと呼ばれるオオカモシカ」らしい。

現に、物語中盤辺りでジコ坊が蝦夷の一族の様相を古い文献から引用した際に「アカシシに跨がり、石の矢尻を使う勇壮なる蝦夷の一族有り」と述べ、エボシにアシタカの事を聞く際、「アカシシに乗った不思議な少年」と発言している。対するエボシは「見慣れぬシシ」としていた。

アシタカ


人間が乗用に使役出来る位大きく、頑丈でタフな動物である。馬よりも遥かに軽やかに走り、特に山岳地帯や丘陵では馬の追従を振り切る(馬に乗っていた侍たちが重装備だったこともあるだろうが)。

その他

シュナ


因みに「もののけ姫」公開よりも遥か以前に、宮崎駿が執筆した漫画「シュナの旅」にも登場している。こちらは一般名詞。

その後、ゲド戦記にも同名の家畜がアレンの相棒として登場した。

関連イラスト

アシタカとシュナ
アシタカ
【ジブリ】久しぶりに見たもののけ姫の感想
ヤックルつめつめ



関連タグ

もののけ姫
アシタカ
HOBBIT…騎乗用のレイヨウや山羊の類が登場する一例。

pixivに投稿された作品 pixivで「ヤックル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2942853

コメント