ピクシブ百科事典

オオツノジカ

おおつのじか

哺乳類偶蹄目シカ科に属する大昔のシカの仲間。

概要

別名:メガロケロスオオツノシカアイリッシュエルク(ギガンテウスオオツノジカとも)。
亜種:ヤベオオツノジカ(同科別属)
肩高:約1.8m。
食べ物は木の葉
生息年代は更新世後期。
イギリスドイツ日本森林~疎らなに生息。
最大のを持つ、大型のシカ仲間。
角の左右の広がりは3mにもなり、両方の角を合わせると、45㎏もある。
重い角を支えるため、首や背中の筋肉が発達している。

ヤベオオツノジカ


日本にいたヤベオオツノジカの角はだいぶ小ぶり。
ナウマンゾウマンモスなど、数多くの古生物とともに、人類との接触が元凶で滅んだとされる。また、角のためにかなりのカルシウムを必要とするため、気候変動による植生の変動にも弱かったのでは?という意見もある。

オオツノヒツジは全く別の動物。

関連タグ

絶滅動物 シカ 動物

pixivに投稿された作品 pixivで「オオツノジカ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 568

コメント