ピクシブ百科事典

概要

体長4.5mにもなる巨大なサイで、名前は「皿のような獣」という意味。皿……?
 
当たり前だが草食動物で、エナメル質が模様のようになった高い奥歯のおかげで堅い植物でもおいしくいただけたようだ。
ちなみに「歯が高い」というのは、歯そのものが長い(普段は大部分が歯茎に埋まっていて、すり減ると少しずつせり上がってくる)ということ。
我々人類のような歯は「歯が低い」と呼ばれる。
 
生息年代は更新世前期~中期(大体150万年くらい前)で、生息地はロシア
やはり当時も寒かったらしく分厚い毛皮を持っていたが、氷河期に生きていたケサイとは全くの別種(エラスモテリウムより前に現れてはいたが)。
 
現代のサイの角は鼻の方にあるが、エラスモテリウムはなんとの上()にあった。それも2mもありやはり現在のサイよりデカい。
その角は巨大なの束なので化石には残らないが、生えていた所は骨の表面がザラザラしているのでそれがわかったのだ(現在のサイも同じ)。
体格のわりに脚は長くゾウのごとき巨体ながらものように素早く機敏に走れたとされる。

その容姿から一角獣ことユニコーンのモデルにもなったとされるが、気候変動のほか、人間との接触で絶滅させられることとなったという。

関連タグ

哺乳類 奇蹄目 サイ
サイ科
エラスモテリウムオルフェノク
サイクロプス(ゾイド)

関連記事

親記事

サイ科 さいか

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エラスモテリウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8321

コメント