ピクシブ百科事典

シュナの旅

しゅなのたび

『シュナの旅』とは、宮崎駿のマンガ作品である。
目次[非表示]

概要

1983年宮崎駿徳間書店アニメージュ文庫から出した作品で、チベットに伝わる民話を元にしている。(作者は刊行時に、興行的に大失敗した作品のせいで仕事干されてたらしいのでこんな形。アニメ化したかったとあとがきにある)
ページカラー漫画というより絵本のように描かれている。
作中の世界の設定や登場人物、話の展開、動物などは後の『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』などに登場し、『もののけ姫』の原点の一つとなった(ヤックルの他に、『ラピュタ』で3秒くらい、『もののけ姫』で10秒くらい、もふもふする「ミノノハシ」というのがこれに1ページ出てくる あと主人公へなんか示唆するじじいが出てくるが、このシーンが『もののけ~』の主人公ジコ坊の1シーンとそっくり)。
ジブリ映画ゲド戦記』は原作とは違う原案としてシュナが使われた。
1987年NHKラジオドラマとして製作・放送し、シュナの声はアシタカと同じ松田洋治が演じた。

大麦その他、をもたらす英雄のお約束として、非合法な入手と罰を受けてしまう主人公、があるが本作でもそれを襲う。

物語

深い谷の小さな国の王子・シュナは、ある旅人からどんな土地でも実る黄金の種の話を知り、やせた国を救うためヤックルに乗って、西へ向け旅に出た。
旅路の果てに黄金の種の手がかりを掴む中で、立ち寄った街で奴隷の姉妹出会い、己の勇気を向き合い、彼女たちを救い出す。
姉妹と別れたシュナはついに黄金の種が存在する「神人の土地」へ足を踏み入れる。
一方の姉妹は北の地の村に逃れ、シュナと再会するが、新たな困難に向き合う。


関連イラスト

シュナとテア



関連タグ

宮崎駿 絵本 ヤックル

関連記事

親記事

宮崎駿 みやざきはやお

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「シュナの旅」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52583

コメント