ピクシブ百科事典

ブルーバック(動物)

どうぶつのぶるーばっく

哺乳綱偶蹄目ウシ科に属する絶滅したアンテロープの一種。
目次[非表示]

概要

体長1.8~2m。肩高1~1.1m。体重150~170kg。
食べ物は木の葉
南アフリカの乾いた草原やその近くにある林に生息。
小さな群れで生活していて、セーブルアンテロープにごく近い仲間でその中でも小型で角も短く、耳も小さかった。体の上と側面は美しい光沢のある青灰色の美しい毛皮を持っていた。は短く、角には節が20~35本あり後方へゆるくカーブしたを持っていた。

絶滅

その美しい毛皮の持ち主であるブルーバックは、1799年~1800年に絶滅してしまった。何故絶滅したのかというと、ブルーバックは元々数が少なったようである。近縁種のセーブルアンテロープ等との競合によって、アフリカ南部の海沿いの地方に追われ、細々と生きていたのである。1652年、南アフリカがポルトガルによって発見され、人間がやって来るようになって絶滅が始まった。美しい毛皮と角のために、更に食用としても殺されたのである。棲み処である林や草原はになり、生活の場所もなくなった。そして1799年か1800年に最後の1頭のブルーバックが殺されてしまった。オランダのライデン、フランスパリスウェーデンのストックホルムとウプラサ、オーストリアのウィーンの各大学の博物館には、ブルーバックの剥製が大量に保存されているそうである。

関連タグ

哺乳類 偶蹄目 ウシ科
アンテロープ セーブルアンテロープ
絶滅動物

関連記事

親記事

アンテロープ あんてろーぷ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ブルーバック(動物)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34

コメント