ピクシブ百科事典

メタグラードン

ぐらーどんのようななにか

『劇場版ポケットモンスター アドバンスジェネレーション 七夜の願い星 ジラーチ』に登場するキャラクター。
目次[非表示]

※本記事はこの映画のネタバレを含みます。というか存在そのものがネタバレです。

概要

七夜の願い星ジラーチ』のラスボス。ゲームには未登場でアニメオリジナルのキャラクター。

バトラーマグマ団にいたころ、破片の化石を使ったグラードンの復活を実行したが、失敗に終わり追放された。
それを見返すべくファウンスでジラーチの力を使いグラードンを復活させたがまたも失敗し、現れたのはグラードンそのものではなく、(ポケモン図鑑で知られる体躯の)グラードンよりも数倍巨大なゴジラ並みの体躯を持つ、グラードンを模した異形の怪物だった。このような結果になったことついてはバトラーも「私が復活させたかったのは、こんなモノじゃない…。」と漏らしていた。

その強大な力でファウンスの森を枯らし、さらには爪や刺を変化させた流体の触手で、ポケモンやサトシの仲間たちまで吸収してしまった。
最終的にはバトラーの協力とサトシたちの行動、そしてジラーチの「はめつのねがい」によって倒された。

シリーズ全体から見ても『時を超えた遭遇』に登場したセレビィゴーレムと並びシリーズ最大かつ最強最悪の呼び声が高い。

類似キャラクター

このメタ・グラードンのモデルは、ジブリ映画『もののけ姫』終盤で、奪われた自身の首を探すデイダラボッチシシ神の夜の姿)と噂されている。
枯れる森、触手や不規則に発光する肉体、終盤での熔け落ちてくる等の描写がよく似ており、ジラーチを探すメタ・グラードンの挙動も首を探すデイダラボッチと似ている。

ただしデイダラボッチは最終的にアシタカサンによって首を取り戻すが、メタ・グラードンは上記の通り倒された。またメタ・グラードンの触手に吸収されたポケモンやハルカたちは無事生還したが、デイダラボッチの触手や体液に触れた者は残らず死亡している。

また、青い体液によって内部に捕らわれたポケモンや人間が赤く見える、終始緊迫した状況や仲間のパーティ構成から『MOTHER2』のギーグを思い出す人も多い。余談であるが、映画公開日の約1か月前に『MOTHER1+2』が発売されたため、連想を思わせるのはこれだったということもある。

関連タグ

ポケモン 七夜の願い星 ジラーチ グラードン
怪物 怪獣 偽物 デイダラボッチ ギーグ ゴジラ

関連記事

親記事

グラードン ぐらーどん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「メタグラードン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14776

コメント