ピクシブ百科事典

ブラックフォッグ

ぶらっくふぉっぐ

ブラックフォッグとは、電撃!ピカチュウに登場した史上最強のゴーストの事である。みんなのトラウマ
目次[非表示]

概要

ブラックフォッグとは、エr……もとい、様々な手法で一線を画すポケモン漫画電撃ピカチュウに登場したゴーストの通称で、通常のものを遥かに超越した力を持つ特異個体である。
数年毎に大量のゴースを引き連れては人間やポケモンの生命力を食い尽くすその様はまさに悪霊である。
かつて、電ピカ版のナツメのポケモンを食い殺したようで、彼女に強い憎しみを抱かれている。タケシは「かつてこの地域で信仰され、忘れ去られた旧神ではないか」と推論しているが、その詳細は不明である。

なぜ首領である彼がゴーストの姿のままのかという疑問については「ゲンガーにするには通信交換で進化するしかない(=人間に捕獲されなければならなかった)ため」であろう。

規格外の性能

  • 通常のゴーストより遥かに巨大(軽く10メートルはある)でしかも実体がある。恐らく、生命力を吸収し続けた結果、実体を得たのだろう。ある意味メガシンカした状態かもしれない。
  • 相手が「ねむり」状態でなくてもゆめくいで魂(生命力)を食べてしまう。
  • サトシの手持ちポケモン(ピカチュウ,オニドリル,バタフリー)達と1対多数で闘い、圧倒する。
  • ナイトヘッドとゆめくいを同時に発動することが可能。
  • 捕獲するには通常のポケモンでは消滅してしまうほどの強力な特製モンスターボールが必要。
  • ↑の特製ボールをだいばくはつで破壊。しかもひんしになっていない。当然ながら、当時にはきあいのタスキどころか、どうぐすらない。
  • サトシのハイパーボールで再び捕らえられそうになるが、再びだいばくはつでハイパーボールを破壊し、爆散。最後まで「人間に捕まるものか」という意地と執念を見せつけ消滅する。


余談

ブラックフォッグを直訳すると「くろいきり」になってしまう。

因みにナツメはブラックフォッグによって自分のポケモンを殺されて憎しみを持っているが、アニポケ版でのナツメが閉ざした心を解き放つ切っ掛けになったポケモンもゴーストであり、扱いが真逆になっている

関連タグ

ポケモン 電撃ピカチュウ
ゴース ゴースト(ポケモン) ゲンガー
デスタムーア←外の人繋がり。
No.96ブラック・ミスト←名前繋がり。

pixivに投稿された作品 pixivで「ブラックフォッグ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 10943

コメント