ピクシブ百科事典

テルー

てるー

テルーとは、ゲド戦記の登場人物。4巻『帰還』にて登場。
目次[非表示]

概要

テルーとは、ゲド戦記の登場人物。
虐待により火傷を負い、テナーに引き取られた少女。『Ⅳ 帰還』の中心人物となる。

父親と周囲の男から暴行を受けた後、発覚を恐れた父親達に火に投げ込まれ殺されかけた。痣があるものの美しい容姿をした幼い少女だが、片腕は機能を失い、片目も見えなくなっており、顔の火傷は遥かに重傷で容姿をゆがませる凄惨なもの。また、後遺症で歌はおろかまともに喋ることもできない。

テルーとは「燃える、炎を上げて燃える」という意味で、テナーが名付けた。

アニメ映画版

心を何にたとえよう


年齢が大きく違い、原作のテルーは5~6歳と幼いのに対し、映画ではアレンと同じ十代とみられる。

テナーと共に作物や羊を育てて暮らしているが、特に自分の命を大切にしない人間には容易に心を開かず、両親に虐待された末に捨てられた辛い過去を持つ。
心に闇を持ち折に触れて自暴自棄になるアレンを嫌っていたが、彼もまた自分のように心に傷を負っていると知ると段々アレンに歩み寄るようになっていった。清廉な心を持つハイタカには出会ってからすぐに信用し、彼のことをタカと呼ぶ。

なお、「心を何に例えよう 鷹のようなこの心」のフレーズで有名な手嶌葵が歌う『テルーの唄』、作詞を宮崎吾朗、作曲を谷山浩子が手掛けており、後に谷山浩子自身がセルフカバーしている。
原作者はこの曲を気に入っており、「テルーの歌う愛らしい歌は、吹き替えでもそのまま使ってもらいたいと思うほどでした。」とコメントしてる。

関連タグ

ゲド戦記 アレン ハイタカ テハヌー
























以下、ネタバレ。









テハヌーは、竜属の長老的存在カレシンの娘、いわば竜王の娘である(この世界における「竜王」とは別の存在を指すので注意)。人の姿を取る竜の化身であり、人の親を持つが、このような存在はテハヌー以外にも存在する。

pixivに投稿された作品 pixivで「テルー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 119759

コメント