ピクシブ百科事典

コクリコ坂から

こくりこざかから

佐山哲郎の原作・高橋千鶴の作画による漫画作品。およびそれを原作としたスタジオジブリ製作の劇場版アニメ作品。
目次[非表示]

キャッチコピーは、上を向いて歩こう。

コクリコ坂からとは、1980年に講談社なかよし」にて約8ヶ月連載された少女漫画である。

2011年夏にジブリからアニメ映画化された。ストーリーおよび主要キャラクターには原作から徹底的な改変が施されており、設定年代も1980年頃から1960年代前半に変わっている。

「コクリコ」とはフランス語で「ヒナゲシ」という意味。

【原作】佐山哲郎 【作画】高橋千鶴
【企画・脚本】宮崎駿 【監督】宮崎吾朗
【音楽】武部聡志徳間ジャパンコミュニケーションズ
【主題歌】手嶌葵「さよならの夏 〜コクリコ坂から〜」

作品解説

1963年、横浜。港の見える丘にあるコクリコ荘。その下宿屋を切り盛りする16才の少女・海。
彼女は毎朝、海に向かって、信号旗をあげる。旗の意味は「安全な航行を祈る」。タグボートで通学していた17才の少年・俊は、海の上からその旗をいつも見ていた。
翌年に東京オリンピックを控え、人々は古いものはすべて壊し、新しいものだけが素晴らしいと信じていた。
そんな時代に、横浜のとある高校で、小さな紛争が起きていた。古いけれど、歴史と思い出のつまった文化部部室の建物、通称カルチェラタン。それを取り壊すべきか、保存すべきか。
そんな事件の中で、海と俊は出会う。俊はその建物を守ろうと学生たちに訴える。海はその建物の良さを知ってもらおうと大掃除を提案する。徐々に惹かれ合う二人に、ある試練が襲いかかる。
「嫌いになったのなら、はっきりそう言って」
「俺たちは兄妹ってことだ」
「どうすればいいの?」
自分達は兄妹かもしれない。それでも、二人は現実から逃げずにまっすぐに進む。そして、戦争と戦後の混乱期の中で、親達がどう出会い、愛し、生きたかを知っていく。そんな中で、二人が見出した未来とは。

登場人物

海は広いな大きいな


夕暮れ俊くん


ぽぴーのさかから


 海の母方の祖母で、コクリコ荘の管理人。
 海の妹。港南学園高等学校1年。
 コクリコ荘に下宿している女医。港南学園高等学校OG。
 コクリコ荘に下宿している油絵画家を目指す美大の3年。
 松崎海の学友。

関連イラスト

La mer et vent
コクリコ!



関連タグ

講談社 なかよし
スタジオジブリ 宮崎吾朗

関連記事

親記事

なかよし なかよし

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コクリコ坂から」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2965644

コメント