ピクシブ百科事典

アンドリューサルクス

あんどりゅーさるくす

約4000万年前から3500万年前のモンゴルに生息していた、史上最大の陸生肉食哺乳類である。

概要

1920年代、アメリカ自然史博物館の調査隊がモンゴルで頭骨を発見し、この調査隊の隊長でインディ・ジョーンズのモデルとされる「ロイ・チャップマン・アンドリュース」にちなんで「モンゴル産のアンドリュースの統治者」を意味するアンドリューサルクス・モンゴリエンシスと命名された。

無肉歯目(メソニクス目)に属する哺乳類で、系統的には鯨偶蹄目に近縁であった。体長は5.5メートルに達し、頭骨は1メートル近くになった。鋭い歯と強靭な顎から肉食(もしくは雑食)だったとされるが、巨体のため速く走れず、動物の死骸を食べるスカベンジャーだった可能性が高い。また、カメブロントテリウム類のような動きの遅い動物を捕食することもあっただろう。

関連タグ

古生物 偶蹄目 クジラ

pixivに投稿された作品 pixivで「アンドリューサルクス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4598

コメント