ピクシブ百科事典

デイノテリウム

でいのてりうむ

長鼻目デイノテリウム科の古代ゾウの仲間である(メイン画像中央)。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「恐ろしい獣」
生息年代:新生代第三紀中新世前期~更新世前期
体長5m・体高2.5~3.5程度(Gigaterium 種はさらに巨大になったと考えられている)。
食べ物は樹皮等。
ヨーロッパアジアアフリカの疎らなに生息。

特徴

下顎にサーベルタイガーのような大きく下側を向いたを持つが、上顎にはなかった。メイン画像を見ればわかると思うが、大抵の種が上顎に牙を持つゾウの仲間の中でこの特徴は珍しく、その特異性ゆえかあまり繁栄しなかったグループである。この牙は肉食獣からの護身や同族間の争いの際に武器として使うほか、樹皮を剥がして食べるのに使ったと考えられている。


関連タグ

長鼻目 古生物 ゾウ

pixivに投稿された作品 pixivで「デイノテリウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27

コメント