ピクシブ百科事典

ステゴドン

すてごどん

長鼻目ステゴドン科の古代ゾウの仲間である(メイン画像はシンシュウゾウ(ミエゾウとも)という亜種である)。
目次[非表示]

概要

学名の意味は「屋根の歯」
生息年代:新生代新第三紀鮮新世~第四紀更新世。
体長2~5m。
ガネーシャゾウ、コウガゾウ、トウヨウゾウなど20種ほどが知られているゾウの絶滅群である。ステゴドンとは「屋根の歯」という意味で屋根の形をしたが並んで1つの臼歯になっていることから来ている。ステゴドンの特徴はアフリカゾウマンモス等のが内側に向かってねじれているのに対し牙が外側にねじれているのが特徴である。日本でもステゴドンは大陸から渡ってきており、アケボノゾウやシンシュウゾウ(ミエゾウとも)等が知られ、大陸の者より、小型化している。

主な種類

  • ガネーシャゾウ
  • コウガゾウ
  • トウヨウゾウ
  • アケボノゾウ
  • シンシュウゾウ(ミエゾウとも)(メイン画像)


関連タグ

長鼻目 ゾウ ステゴロフォドン

関連記事

親記事

長鼻目 ちょうびもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ステゴドン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39

コメント