ピクシブ百科事典

ゴンフォテリウム

ごんふぉてりうむ

長鼻目ゴンフォテリウム科の古代ゾウの仲間である。

概要

学名の意味は「釘の獣」
生息年代:新生代新第三紀中新世前期~鮮新世前期
体長4m・体高2~3m程
同時代では「プラティベロドン(学名の意味:平らに突き出した歯)」、鮮新世の北米大陸に生息していた「アメベロドン」とともに「シャベルキバゾウ」の異名を持つ。本種の化石はアフリカ、ユーラシア、北米大陸で確認されている。
がとても長く、上顎にも下顎にも、があるのが特徴。ゾウの進化において、このゴンフォテリウムは中心に位置し、ゴンフォテリウムから様々のゾウの仲間に進化した。

関連タグ

長鼻目 古生物 ゾウ
プラティベロドン アメベロドン

関連記事

親記事

長鼻目 ちょうびもく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ゴンフォテリウム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3136

コメント