ピクシブ百科事典

オオスズメバチ

おおすずめばち

スズメバチの仲間で、日本を含めたアジアに生息する。
目次[非表示]

スズメバチ界最強!最大!

攻撃的な肉食昆虫として知られるスズメバチだが、その中の世界最大種が本種となる。大きな触覚と鋭いあごをもち、黒い胸部、黄色と黒のストライプ模様(警告色)の腹部が特徴であり、その大きさは40mmから50mmと数多いハチの中でも巨大なもの。

身体は黒い殻に覆われているため多少の攻撃にはビクともしない。攻撃は主に皮膚さえ噛み千切る顎と毒針、そしてそのものの噴射である。
さらに時速40キロというスピードを飛び、集団で獲物を襲う。
そのスペックとフォルムから社会的動物を紹介する企画があった場合、昆虫の中からはグンタイアリと並んで選ばれることが多い。

中国から東南アジアにかけて広く分布しているが、日本に生息する亜種が特に大きいとされる。

どこにいるの?

の中にいると思わせておいて、割とどこにでもいるのがオオスズメバチの恐ろしいところである。
キイロスズメバチなどのように、球状の吊り下げる形になるような分かりやすい作らず地中や木の洞などの空間に営巣するため、普通のハチより巣の位置に気づきづらく、知らずに近づいて攻撃されるという被害が後を絶たない。
このような巣の特徴に加え、周囲にエサが少なくなる9月から11月ころに行動範囲が広がると共に攻撃性が増すため、刺されたという被害が多くなる。
なお、オオスズメバチに限らずスズメバチは巣に近づく者に対しては、以下のような警告行動を行うため、スズメバチが近くにいる場合は必ず以下の動きに注意しておくことが大切である。

  • 自分の近くで旋回行動をしている。
巣に近づいているので引き返せという意思表示である。もちろん、刺激しないようになるべくその場から離れること。「ぎゃー!! ハチだー!!」などと叫んで叩き落とすなどと言うことは絶対にやらないこと。

  • カチカチとがする。
アゴを鳴らして警告をしている。これは最終通告のようなもので、人間に例えるなら殺気立って舌打ちをしているものとでもと考えればよい。速やかにその場から離れないと総攻撃が待っている。もちろん、離れる時は刺激しないことは一番大事である。

また、昔からいわれていることではあるが、スズメバチを見かけるエリアでは黒い服装をしているとハチに熊を連想させて興奮させるため避けること。また匂いに敏感であるため香水などは厳禁。匂い物質で意思伝達をするハチにとって知らない匂いはと問答無用で判断することもあるため、警告無しでいきなり攻撃してくることもある。

ミツバチ大虐殺

本種を語る上でよく話題になるのが、ミツバチの巣を襲撃する場面である。
多くの昆虫が寿命を迎えるか、越冬のために身を隠すになると、エサの少なくなったオオスズメバチが自分達の食糧の需要を満たすために行う行動として知られている。
そしてよく知られているのが、セイヨウミツバチとニホンミツバチを含めたトウヨウミツバチの行動の差である。

vsセイヨウミツバチ

セイヨウミツバチヨーロッパ原産であり、現地にいる大型のハチに対しては大群で纏わりつき窒息死させ抵抗する。しかしオオスズメバチにはそれが通用しない為、一度襲撃に遭うと数万匹という巨大なコロニーでもものの2~3時間で十数匹程度のオオスズメバチの襲撃により全滅する。
このオオスズメバチの攻撃性を利用して、アメリカでは南部で猛威を振るったアフリカナイズドミツバチ(通称:キラービー)の駆除に利用しようとしたものの、あまりの強さに逆に危険という判断から導入を見送られたという逸話もある。当たり前だ。

vsニホンミツバチ

ニホンミツバチなどのオオスズメバチと生息圏が被っているミツバチはオオスズメバチに対する対抗策として、数百匹で一斉に飛び掛り、蜂球(ほうきゅう)と呼ばれる塊を作り、体温を上げることによってオオスズメバチの致死温度に達することで蒸し殺すという戦法を持っている。(蜂球はスズメバチに対する切り札として紹介されることが多いが、スズメバチ以外の外敵にも用いられることが知られている。)

これによってニホンミツバチは自分達の巣を守っているとされている。ただし、これが有効なのはエサ探しをする偵察要員のみを相手にした場合である。撃退に失敗し偵察要員が本隊を呼んだ場合は巣を放棄して逃亡することでコロニーの全滅を防いでいる。
なお、日本国内においてセイヨウミツバチが野生化をしても、分布を大きく広げることができない理由の1つに、襲撃された時に巣を放棄して逃走しないということがあげられる。

ちなみに

オオスズメバチはミツバチだけではなく、同じスズメバチの仲間であるキイロスズメバチやチャイロスズメバチの巣を襲うこともある。
キイロスズメバチの場合はオオスズメバチ同様に攻撃的なハチであるためミツバチほど容易な制圧にはならないものの、ミツバチに比べて巨大な巣を形成しやすいため制圧した際に得られるエサは多いとされる。
一方、チャイロスズメバチは他のスズメバチと比べると防御に徹した身体を持っているため、オオスズメバチの顎や毒針も効きづらく、撤退を余儀なくされることもある。

激闘!空中戦

このように比類なき力を見せ付けるオオスズメバチだが、実は空中での戦闘力は思いのほか小さい。というのも、ハチ自体が飛びながら攻撃するということはあまりないからである。
飛びながらアゴで噛んでも降り立った時に比べて攻撃力も半減、毒針で刺す時もなにかに掴まりながら行うのが普通とされており、オオスズメバチも空中からする攻撃方法といえば、毒液の噴射くらいなのだ。
とはいえ、オオスズメバチが脅威であることは変わりないのだが、そんなオオスズメバチに空中で襲い掛かり捕食してしまう昆虫が存在する。
いわずと知れた、日本最大のトンボ、オニヤンマである。
大型の肉食昆虫として知られるオニヤンマの飛行速度は、時速40キロのオオスズメバチをゆうに超える時速70キロで、日本昆虫界では最速。さらにその飛行性能は群を抜いており、急停止、ホバリング、急旋回が可能と、飛行能力ではオニヤンマを超える昆虫は日本にいないとされる。
どちらも日本最大のハチとトンボ、日本最大同士の対決はオニヤンマが活発に活動する夏場に野山で見られる光景だ。

最大の天敵、それは・・・

天敵には、食い食われの関係である前述したオニヤンマのほかに、スズメバチを主食とする猛禽類ワシの仲間のハチクマという鳥がいる。
ほかの猛禽類に比べて大きな足で地面にあるオオスズメバチの巣を穿り返して、なかにいるハチを捕食する。全身の羽は硬くオオスズメバチの針も通さないほど頑丈なため、ハチクマに襲われるとオオスズメバチであろうと巣を撤退せざるをえなくなるという。
他にシオヤアブという肉食性のアブに襲われることもある。このシオヤアブは背後から忍び寄り、一撃で神経節を口吻で切断し殺害、捕食するという昆虫界のアサシンである。

しかし、オオスズメバチにとっての一番の天敵は、やはり人間であろう。
人間に害をなすというのが一番の理由で、駆除されることが多い。
ハチクマの襲撃では巣を放棄することでコロニーの全滅を防ぐことが出来るし、オニヤンマやシオヤアブも単独行動中の個体を狙ったものであり、コロニー全体が危機になるということはない。一方人間は巣ごと煙幕や薬剤といったもので、逃げる隙を与えずコロニーを全滅させることが可能となのだ。
古くからハチは食用として昔から摂取されてきたということもあり(山間部などでは、冬場の貴重な蛋白源として重宝されてきた)現在でも名物や文化として食されている場所も多い。
近年では市役所の職員などで駆除に熟練している者も多いほか、スズメバチハンターと呼ばれる専門の駆除業者も存在している。
これらにかかると、抵抗の間もなく全滅させられてしまうことも多い。

関連タグ

昆虫 ミツバチ スズメバチ 小町小吉 サバイビー

pixivに投稿された作品 pixivで「オオスズメバチ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52939

コメント