2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ヒラタクワガタインドネシアスマトラ島亜種。
パラワンオオヒラタクワガタと並ぶ世界最大級のヒラタクワガタとして有名で、体の横幅が広くて顎も太く、オオヒラタクワガタらしい重量感が溢れ出た厳つい見た目から人気は非常に高い。
2021年現在の飼育下最大記録は107.9mm。

学名はDorcus titanus yasuokai
亜種名は研究者の安岡博人氏にちなむ。

マレーオオヒラタクワガタに似るが、より幅広い体形をしており光沢も強い。
地域や個体差で大顎の内歯の位置が変化する。

他のヒラタクワガタの例に漏れず非常に好戦的であり、取り扱いの際は指等を挟まれない様に注意。パラワンオオヒラタクワガタにも言える事だが、性成熟していないオスがメスを嚙み殺す事もあるので、ペア取りの時には注意が必要。勿論同じケージで多頭飼育など以ての外である。
大型種で力が強い上に凶暴で、国産ヒラタと同種で国内流通が多い事から、放すと国内の生態系を脅かす危険性が高い。

メディアでの扱い

パラワンオオヒラタクワガタと並ぶ最強のクワガタムシとして扱われることが多い。

新甲虫王者ムシキング

激闘6弾で初参戦。階級はSSRと、旧作にて控えめに調整された強さを引き継ぎSRに甘んじているパラワンオオヒラタクワガタよりも格上の強さとなっており、ゲーム内においても2回りほど体格が大きく描かれている。
肩書きは「不屈の喧嘩番長。必殺技はグー、「クレイジースパイク」。
体力を大きく犠牲にした攻撃特化型と、付け入る隙の乏しい万能な強さという現実世界におけるイメージに反して非常に癖が強いステータスとなっている。

  • 最強のクワガタムシとして扱われる事が多い本種だが、なぜか旧作ではアダー完結編含め登場しなかった。

テラフォーマーズ

登場人物、アレキサンダー先輩がスマトラオオヒラタクワガタの能力を持つ。

世界最強虫王決定戦

パラワンオオヒラタクワガタ同様に優勝、準優勝を複数回取った高い戦闘能力の持ち主で、2つ名は「世界最強の重戦車」。特にパラワンとはクワガタ界最強の座を巡って度々争いを繰り広げているのだが、クワガタ皇帝最強トーナメントでは、パラワンに敗れて惜しくも準優勝となっているなど、今一歩パラワンに及ばない印象が強い。
パラワンもスマトラもその凶暴な性格もあって、相手を積極的に攻め立てるスタイルなのは変わらないが、主にパラワンの戦法が長い大アゴのリーチで相手が近付く前に倒すなら、スマトラの戦法は太い大アゴで相手が近付いたら挟むというもの。その為に基本的にこの2匹の勝負は、パラワンが上手く距離を取って攻められるか、逆にスマトラが距離を詰められるかで勝敗が決まる。
なお、その高い攻撃力と防御力は異種格闘技でも力を発揮し、毒性の強いサソリであるデスストーカーの毒針を弾き返して逆に一撃で殺したり、タランチュラの中でも最強と言われるタイランドブラックを一方的に殺害、獰猛なオオエンマハンミョウを大顎で締め上げて致命傷を与えるなど、凄まじい戦果を上げている。余談だが、個人の動画ではアメリカザリガニの外殻を嚙み砕いて瀕死にしたものもある。

関連タグ

クワガタムシ ヒラタクワガタ

関連記事

親記事

ヒラタクワガタ ひらたくわがた

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「スマトラオオヒラタクワガタ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 8793

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました