ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

哺乳綱食肉目イタチ科イタチ亜科クズリ属の肉食動物。英名は「ウルヴァリン(wolverine)」

イタチ科は細身で長い体のイメージが強いが、クズリはずんぐりで小型のクマの様な姿。


中型動物だが獰猛で恐れを知らず、自分より大きい相手にも立ち向かう為イタチ科最強と称されることもある。


強靭な顎の力で自分より何倍も大きなシカヒツジ等の草食動物を倒し、時には唸り声だけでクマを怯ませて獲物を横取りする事もある。また飼育下ではあるがホッキョクグマを仕留めたという記録すらある程。ただ、基本的に大型動物は死肉を漁る傾向にある模様。

自分より大型の獲物を襲う際には木々に登り高所から強襲を仕掛けて脊髄などに噛みついて一気に仕留めようとするなど、知能も高い。


英名のwolverineはwolver(狼の様に振る舞う人、あるいは狼狩りをする人の意)ing(〜に属するの意)が付され派生したとされている。


日本には生息していない為マイナーだが、海外では獰猛で恐れ知らずな動物として知られており、アメコミヒーロー「ウルヴァリン」の名前の由来になっている。

ちなみに、映画版では演者が190cm台の身長なので、そのようなイメージは無いが、コミック版のウルヴァリンはクズリの「小柄だが獰猛」というイメージから身長は160cm台という設定であり、仲の悪い相手から「チビ」と罵られる事も多い。


余談編集


最強王図鑑では編集

「凶暴な森の悪魔」の2つ名で登場。『動物最強王図鑑』ではヘラジカキングコブラに勝利しカバに敗れながら敢闘。『異種最強王図鑑』ではオオスズメバチに勝利しペルビアンジャイアントオオムカデには苦杯を飲まされながら敢闘している。


マンガ動物最強王では解説ポジションで登場。


実は『異種最強王図鑑』にいるもののアニメには未登場。スマトラオオヒラタクワガタと同じく登場できぬまま完結してしまうことを懸念する声も多い。


なお、マンガ動物最強王3巻発売のタイミングでの登場を期待する声もあったが、その可能性も消え失せたうえ、なんと『動物最強王図鑑PFP』で似た動物の参戦の都合により出番を失った


が、一応テレ東版の原作は『異種最強王図鑑』。ここに登場しているメンバーはゲーム化もされているなど最強王図鑑の現実世界に登場している認識が最も高い上、原作再現をガン無視して炎上した事件が本作放送開始直前にあったことからアニオリはあったとしても原作再現はより一層重視されており、クズリの登場確率は他の原作登場勢と並びもはや決定的と言ってもいいだろう。

関連キャラ編集

X-23(X-MEN)

ウルヴァリン(アメコミ)

クズリくん(ぼのぼの)

クズリ(けものフレンズ)

スノーストーカー(フューチャー・イズ・ワイルド)


関連イラスト編集

【小さな猛獣 最強獣】ウルヴァリン117


関連タグ編集

イタチ 食肉目 天然危険物

哺乳類 イタチ科 イタチ亜科

関連記事

親記事

イタチ亜科 いたちあか

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 88699

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました