ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

膜翅目(Hymenoptera)は昆虫の一グループ、「ハチ目」ともいう。「膜翅類」と総称され、そのうちアリ科のものは(アリ)といい、残りすべての種類は便宜上に(ハチ)としてまとめられる。

を作り、子を育て、女王蜂/女王蟻を中心とする社会性をもつものが印象的であるが、必ずしもそうではなく、自由生活や寄生生活を送る蜂も少なくない。

2対のは膜質で脈が少ない。前翅のほうが大きく、フックのような構造で後翅と繋いで一体化させる。ただし蟻とアリバチのように、後に翅を失った系統もある。

口元は頑丈な大アゴにあるほか、多くのグループは舌のように特殊化した部分も備わっている。
頭部と胸部の分け目は明瞭で、胸部は箱のようにまとまる。胸部と腹部の間はくびれる(腹柄をもつ)ものがほとんどであるが、ハバチという原始的な系統はくびれていない。

雌は腹部の先に尖った産卵管をもち、腹柄をもつ系統ではそれが針に特殊化した場合がある。

完全変態で、幼虫を経ってから成虫になる。ハバチの幼虫は自由生活でイモムシ状であるが、他の群はほとんどが色薄いウジムシ状で、構造はとても単純で弱々しい。後者の場合は親が用意した巣などで守られることが多い。

主な種類

およびの項を参照。

関連条目

昆虫 完全変態  
  蜂の巣

関連記事

親記事

完全変態 かんぜんへんたい

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「膜翅目」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 670

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました