ピクシブ百科事典

脈翅目

みゃくしもく

脈翅目(脈翅上目)、または「アミメカゲロウ目」とは昆虫の一群。網目状の脈に満たされる大きな翅をもち、ウスバカゲロウ、クサカゲロウ、ツノトンボ、カマキリモドキなどを含む。名前に反してカゲロウやトンボの仲間ではない。
目次[非表示]

概要

脈翅目完全変態昆虫の一群。広義では脈翅上目という、ヘビトンボ類とラクダムシ類までにも含める。通常はアミメカゲロウ目と呼ばれていたが、本群はカゲロウ(カゲロウ目)とは全く関わりのない昆虫で、むしろ甲虫ネジレバネに近縁である。

「脈翅」と「アミメ」の示す通り、本群の最大特徴は何と言っても網目状の脈に満たされる4枚の大きな翅。仲間であるクサカゲロウの英語名「Lacewing」(レースウィング)もこれに由来する。しかし派手であるものの、飛行能力は上手とはいえない。

主に肉食性で、特に幼虫は独特な生態をもつものが多い。
ウスバカゲロウの幼虫はかの有名なアリジゴクカマキリモドキの幼虫はクモの卵に寄生し、ヘビトンボの幼虫は「川ムカデ」と呼ばれる水生肉食昆虫、などの例がある。

を覆い、羽化直前の蛹は大顎で繭を破り、蛹の皮を覆うまま外へ歩き出すことが多いのも本群の特徴である。

主な分類

分類学的に無関係であるものの、姿が何となく似ているから「カゲロウ」や「トンボ」、更に「カマキリ」までにも名付けられ、名前の紛らわしい連中だらけである。


関連条目

昆虫 完全変態
 羽虫 言葉遊び
カゲロウトンボカマキリ:名称被り、無関係な方々
甲虫ネジレバネ:近縁

コメント