ピクシブ百科事典

アリジゴク

ありじごく

ウスバカゲロウの幼虫。
目次[非表示]

概要

 ウスバカゲロウ幼虫の異名。クワガタムシのように大きく発達したが特徴。すり鉢状のの中に作り、などの飛べないが来るのをじっと待って、巣穴に落ちた獲物に砂粒をぶつけて追い落として捕まえる習性を持つ。獲物をその大あごで掴んでをすすり、ミイラになるまで食い尽くしたら死骸は巣穴のまで放り投げる。
 その特異な習性ゆえに飢餓乾燥に対しては大変強く、3か月餌を全く食わなくても死なない。そもそも巣にアリが落ちること自体極めて稀であり、月に1匹しか食えないこともザラである。
 更に足の構造故に、後ろ向きにしか歩けないため、見た目とは裏腹に戦闘力は低く、陸上に出るとアリにたかられてやられる。また、巣穴に石ころなどのゴミが入った場合は自ら大あごで鋏んで捨ててしまう。
 穴の中では排泄が出来ず、尿も我慢して成虫になってから放出するとされてきたが、最近の研究によりたまにおしっこはしていることが判明した。ちなみにこれを発見したのは何と日本小学生である。

創作物での扱い

 醜悪な外見と奇妙な生態ゆえに、悪役として登場することが多い。大概はモグラケラのキャラと同じく、の中を動き回ったりする。成虫になる作品はあまりない。

アリジゴクをモチーフにしたキャラ

スーパー戦隊

仮面ライダー

その他特撮

漫画・アニメ

ゲーム


比喩表現

 巣穴から抜け出すことが困難なことから、一人では逃げ出せない困難(借金など)の厳しい現状を表すのに使用されることもある。

 また、グンタイアリなど一部の毒アリにたかられることをこのように形容することもある。こちらは人間であっても命に関わるほど危険。

関連項目

砂漠 地獄 昆虫 ミルメコレオ

pixivに投稿された作品 pixivで「アリジゴク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41578

コメント