ピクシブ百科事典

シュウ(北斗の拳)

しゅう

シュウとは、武論尊・原哲夫の漫画『北斗の拳』の登場人物である。
目次[非表示]

※ 他のシュウに関してはシュウの記事のを参照

概要

CV:森功至(テレビ・PS版ゲーム)、大塚芳忠(新劇場版シリーズ)、
   吉水孝宏北斗無双)、上別府仁資(激打2)、高橋広司DD北斗の拳


南斗六聖拳「仁星」の男であり、脚技を主体とする南斗白鷺拳の伝承者。
かつて修行時代のケンシロウを南斗の掟による処刑から救うため、自らの目を潰し命を助けた男。その後、圧制を敷く聖帝サウザーから未来を照らす光を守るために、反乱軍(レジスタンス)を率いて戦いを挑む。目が見えずとも率先して戦地に立ち闘うその姿から、人々からは「盲目の闘将」と呼ばれている。

北斗の拳』の世界においてはトキと並んで稀に見る人格者の一人。混迷と暴力が支配する世紀末の世界において環境や悲劇によって変わることなく、常に他者のために戦い続けた。

シバという名の息子がおり、彼もまたケンシロウの命を救う行動をとることになる。

同じく六聖拳である「義星」のレイとは親友だった。作中では彼が登場する頃にレイはすでに死亡している為、共演はならなかったが、ゲーム作品や外伝シリーズなどで彼らの共演が見られる。

容姿

髪型はレイに近い長髪で、同じく前髪を一部残して後ろに流している。髪色は作品によって異なるが、白・水色などライトカラーで染色される。

他の南斗六星の拳士たちよりもやや老けこんだ印象の顔立ちをしている(実際、ケンシロウが子供の頃すでに成人しており、本編でも一児の父であるからそれなりの年齢であると思われる)。顔にはかつてケンシロウを助けるために自らの手刀で付けた、片目それぞれ3本ずつの巨大な切り傷が付いている。

目は、普段は閉じているが、初登場時や感情が高まった際に開眼する。(白目)

服装は、ピチピチの衣装を着用する他の拳士たちと違い、若干ゆとりのあるダボッとした衣装をしている。上には七分袖のジャケットのような衣装を羽織っており、腰には布の前垂れを付けている。服の色は原作・アニメでは紺、新劇場版では黄色だった。

南斗白鷺拳

脚技を主体とする、南斗聖拳の中でも異色の拳法。だがちゃんと手を使った奥義も存在するし、南斗孤鷲拳のシンも「南斗獄屠拳」のような脚技の奥義を使用するので実際のところそんなに異色じゃないのかもしれない。

奥義は「烈脚空舞」、「誘幻掌」、「南斗烈脚斬陣」など。

『レイ外伝』では白鷺拳の派生流派として南斗翡翠拳(なんとひすいけん)が登場しており、カレンという少女が彼を師事していた。

ゲームでのシュウ

AC版『北斗の拳』には、サウザーステージで十字稜の最上段の聖碑を背負い階段を上っているという形で登場している。要は背景である
非戦闘員であるユリアを除いた南斗六聖拳では唯一使用できない。
なぜ使用できないかについては諸説あり、

  • ジャギの通常投げ(おい、そこに座れ→何だその目は!)に問題が生じる
  • 北斗神拳と南斗聖拳のバランスを取るため(四兄弟に数を合わせるため)省かれた
等が上がっているが、あくまで説の一つであるので必要以上に騒がないようにしよう。
次作が出るのであれば是非とも使用キャラにしてほしいものである。
(その前にジョインジョイントキィを初めとした世紀末バランスの調整が先かもしれないが…。)

北斗無双』では他の六聖拳とともに登場するものの、残念ながら操作キャラではない。
しかし、続編『真・北斗無双』にて晴れてプレイアブルキャラクターとして再登場を果たした。

MUGENでのシュウ

白鷺拳奥義 南斗烈脚斬陣


MUGENにおいては、有志の深い愛と仁の心によって使用キャラとして制作された。
原作やゲームにあった技はもちろん、最期のシーンもしっかりと再現されている。
興味がある人はぜひ使用してみてはどうだろうか。
→紹介ページ

関連イラスト

シュウさまー


※ その他のイラスト→pixiv「シュウ 北斗の拳」で検索

関連タグ


南斗六聖拳

南斗孤鷲拳・シン(殉星)
南斗水鳥拳・レイ(義星)
南斗紅鶴拳・ユダ(妖星・美と知略の星・裏切りの星)
南斗白鷺拳・シュウ(仁星・盲目の闘将)
南斗鳳凰拳・サウザー(将星・独裁の星・極星)
南斗正統血統・ユリア(慈母星・南斗最後の将)

pixivに投稿された作品 pixivで「シュウ(北斗の拳)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51922

コメント