2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

ミルクボーイ

みるくぼーい

吉本興業所属。駒場孝(ボケ)と内海崇(ツッコミ)によるお笑いコンビ。 M-1グランプリ第15代チャンピオン。2010年代最後にして令和最初のM-1チャンピオンでもある。
目次[非表示]

概要

駒場孝 (ボケ・メイン画像左)と 内海崇 (ツッコミ・メイン画像右)によるお笑いコンビ。
M-1グランプリ第15代チャンピオン。令和最初のM-1チャンピオンでもある。共に大阪芸術大学卒業。

大学在学中、落語研究会で二人は出会い、2004年に「ミルクボーイ」結成。
1年先輩に小説家の河野裕(代表作は「サクラダリセット」シリーズ・「階段島」シリーズで、映画化もされている。)がいる。
2007年7月、baseよしもとのオーディションに初合格、翌年に大学卒業後本格的に活動開始。

大阪天王寺区の住みます芸人を務めていた経験もある。
2019年、『M-1グランプリ』に初の決勝進出。結成12年目でありながら初めてテレビで漫才を披露する事になったが、M-1史上最高得点の681点(審査員7人・持ち点100点)を叩き出し1位通過。決勝ラウンドでも勢いが衰える事なく松本人志以外の6人がミルクボーイに投票し、15代目のチャンピオンとなった。

芸風

『肯定』と『否定』の2種類のツッコミのみで練り上げる『リターン漫才』を大学時代から変えることなく製作されている。
冒頭の挨拶の後、内海がもらっても困るプレゼント(例:二段ベッドのはしご、ねるねるねるねの2の粉など)を客席から受け取るジェスチャーをし、内海が「こんなんなんぼあってもいいですからね」などと発言し、駒場がそれを懐に入れた後に漫才が始まる。
ボケの駒場が自分の母親が忘れたフレーズを持ち出し、ツッコミの内海が「~ちゃうかあ」「やないか!」「ちゃうやんか!」とツッコミをいれて行き、オチに父親の忘れたフレーズを持ち込んで締めるというのがこの二人の漫才の方向性である。

内海はツッコミ役ではあるが、ツッコんだ後合ってないようで意外と合ってるうんちくや、「○○が△△なのは~の陰謀ちゃうかと睨んどるんよ!」という半ばボケるような形で笑いを取っている。

現代のオーソドックスな漫才スタイルに比べると、笑いどころや展開のパターンが予測できる(それでも笑ってしまう)形である為、しばしば「師匠方(昭和のベテラン勢)がやる漫才」と評される。

オチにたどり着くまでの推理小説のようなやり取りやわかりやすいフレーズもあり、老若男女誰でも楽しめる漫才ともいえる。


余談

  • コーンフレークネタ、最中もみじ饅頭ネタを披露して優勝したことから、twitterで菓子屋さんから優勝祝いののツイートがいくつか来た。(1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.)
    • ネタにのっかった菓子屋さんもある。(1.2.3.4.5.6.7.)
  • 更に、SNSに続々と「コーンフレークが売り切れている」と報告されたり、コーンフレークのケロッグからはコーンフロスティ1年分をプレゼントすることを決めている。またM-1グランプリのスポンサーである日清食品の副賞が「他3社と同程度の金額で考え中」であることから子会社・日清シスコの『シスコーン』を副賞にすべきとの声も上がった
  • しまいには正露丸までもがツイートしていた……
  • 2020年4月に内海が9年前から交際をしていた恋人と婚約、同年6月1日に婚姻届を提出した。くしくもこの日が『世界牛乳の日』『寄席の日』『サモアの独立記念日』でもあった。 (スポニチより
  • コンビ結成から長い間この漫才スタイルを貫いているが、元々は駒場が物忘れしてしまうという展開だった。
    • しかし、それではどこか不自然でかつオチにありつくのが難しかったため、試行錯誤して最終的に「オカン」で始まり「オトン」でオチを出すという形に定着したという。


外部リンク

吉本興業公式サイト内プロフィール

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ミルクボーイ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ミルクボーイ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1483272

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました