ピクシブ百科事典

ミルクボーイ

みるくぼーい

よしもとクリエイティブエージェンシー所属。駒場孝(ボケ)と内海崇(ツッコミ)によるお笑いコンビ。 M-1グランプリ第15代チャンピオン。令和最初のM-1チャンピオンでもある。
目次[非表示]

概要

共に大阪芸術大学卒業。
大学在学中、落語研究会で二人は出会い、2004年に「ミルクボーイ」結成。
1年先輩に小説家の河野裕(代表作は「サクラダリセット」シリーズ・「階段島」シリーズで、映画化もされている。)がいる。
2007年7月、baseよしもとのオーディションに初合格、翌年に大学卒業後本格的に活動開始。

大阪天王寺区の住みます芸人を務めていた経験もある。
2019年、『M-1グランプリ』に初の決勝進出。結成12年目でありながら初めてテレビで漫才を披露する事になったが、M-1史上最高得点の681点(審査員7人・持ち点100点)を叩き出し1位通過。決勝ラウンドでも勢いが衰える事なく松本人志以外の6人がミルクボーイに投票し、15代目のチャンピオンとなった。

芸風

『肯定』と『否定』の2種類のツッコミのみで練り上げる『リターン漫才』を大学時代から変えることなく製作されている。
冒頭の挨拶の後、内海がもらっても困るプレゼント(例:二段ベッドのはしご、ねるねるねるねの2の粉など)を客席から受け取るジェスチャーをし、内海が「こんなんなんぼあってもいいですからね」などと発言し、駒場がそれを懐に入れた後に漫才が始まる。
ボケの駒場が自分の母親が忘れたフレーズを持ち出し、ツッコミの内海が「~ちゃうかあ」「やないか!」「ちゃうやんか!」とツッコミをいれて行き、オチに父親の忘れたフレーズを持ち込んで締めるというのがこの二人の漫才の方向性である。

余談

外部リンク

吉本興業公式サイト内プロフィール

関連記事

親記事

吉本興業 よしもとこうぎょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ミルクボーイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1004221

コメント