ピクシブ百科事典

仮面ライダーファイズ

かめんらいだーふぁいず

仮面ライダーファイズとは、特撮作品『仮面ライダー555』のこと。および、それに登場する仮面ライダーのことである。
目次[非表示]
  1. 平成ライダーシリーズ第4作。→仮面ライダー555
  2. その中に登場する仮面ライダーの一人。本稿で解説。



「俺はもう迷わない・・。迷ってる内に人が死ぬなら・・・。戦う事が罪なら、俺が背負ってやる!!」

俺は戦う!人間として・・ファイズとして!!

概要

主な変身者は乾巧。ファイズドライバーで変身する。変身コードは「555」。
ファイズフォンは折り畳み型。ギリシア文字のΦ(ファイ)のようなマスクが特徴的。
フォトンストリームの色は

携帯電話型端末・ファイズフォンが全ての基本となっている。
ファイズフォンにコード555+Enterを入力しドライバーのバックル空白部にセットすることで、ファイズに変身する。
従来の仮面ライダーシリーズとは異なり、仮面ライダーファイズには、オルフェノクの因子を持つなどの条件を満たしている者なら誰でも変身できる。不適合の場合は安全用のリミッターが作動し、ベルトが外れるが、エネルギーが生じる為にかなり痛い。
このため、主人公と敵対する者がファイズへ変身し、主人公へ攻撃するという、既存のライダーではまず考えられないこともあった

また、ファイズフォンにはミッションメモリーという物が外面に備え付けられている。
これを挿入することで、各種「ライダーズギア」を武器として起動できる。

ちなみに、トランクボックスからベルトにパーツを装備→に装着→変身コードを入力→変身と、やたらと変身行程が長ったらしい為、怪人と対面する前にベルト装備くらいはしておかないと結構隙が大きかったりする。ただ劇中では、大抵のオルフェノクは変身途中では基本的に何もしてこない。変身の邪魔をするのはやはり反則だからか。
恐らく平成ライダーの中では最も盗まれやすいベルトである。


全ベルトの中で最も人に優しい(と言える)ギアで、他のギアとは違い非適合者はそもそも変身ができないため変身によるデメリットは存在しない。
また、最も出力の弱いフォトンストリームを持つが、その分拡張性に優れ形態を変える事で他のライダーズギアを圧倒する事も可能。

必殺技

クリムゾンスマッシュ
本作のライダーキック、詳細はリンク先へ。

スパークルカット
ファイズエッジ」から放ったエネルギー波で敵を拘束し、斬撃を加える必殺技。ゲームソフト「仮面ライダークライマックスヒーローズ」では何故か「イェアー!」という掛け声を出す。

グランインパクト
マルチカメラ「ファイズショット」を右手に装備しエネルギーを込めてパンチを放つ必殺技。
威力は5.2t。


アクセルフォーム

ファイズアクセルを起動させると変身できる第2形態。
「Start Up」の音声とともに加速モードに移行し、10秒間だけ通常の1000倍の速さで行動できる。
フォトンストリームの色が銀色に変化しており、格段にパワーアップしている。この銀色のフォトンブラッドである『シルバーストリーム』は、仮面ライダーサイガを凌駕し、最強の『オメガストリーム』を備えた仮面ライダーオーガに次ぐ出力である。
変身可能時間は35秒程度で、加速モードは10秒しか持たず、10秒経過すると、自動的に通常のファイズへと変身解除される。
これは不安定なフォトンストリームから装着者を保護する為であり、万が一タイムリミットをオーバーしても加速状態を維持してしまえば、システムが崩壊して大爆発をおこし、装着者は死亡する。
その為リミットが設けられそういった事故を防いでいる。
10秒というタイムリミット付きでこそあるものの、その間なら一部特殊な個体をのぞくと、敵対オルフェノクはほとんど動きについていく事が出来ず、更に複数回のエクシードチャージによって上記の必殺技を何発も(実質ほぼ同時に)叩き込む事が出来るといった、チートな力を持ち、ドラゴンオルフェノク以外にスピードで敗北したことが無い。(その時の変身者は、乾巧ではなかったため乾巧が使った時スピード負けしたオルフェノクはいない)他にこのフォームに対抗できるオルフェノクを強いてあげるなら、ドラゴンオルフェノクの竜人体を簡単にあしらったゴートオルフェノクくらいである(オルフェノク中最強の怪人・アークオルフェノクに関しては、直接的な描写が無いため、不明)。

劇場版では20人以上にも及ぶライオトルーパーの1小隊を、クリムゾンスマッシュで秒殺する荒業を見せた他、カイザが手も足も出なかった仮面ライダーサイガ相手にバックパック「フライングアタッカー」を破壊し通常形態での勝利につなげる等、後述のブラスターフォームを食わんばかりの活躍を見せた(そのため、一部の視聴者からは「ブラスターフォームよりこちらの方が強く思える」といった声もしばしば上がる)。

また、『仮面ライダーディケイド』の第16話ではクロックアップに対抗するため、門矢士が使用した。

フォームライド、アクセル!!!



ブラスターフォーム

いわゆる最強フォーム。
マルチツールボックス「ファイズブラスター」にファイズフォンをセットしブラスター本体にコードを入力することで、SMARTBRAIN社の人工衛星からエネルギーを注入させて変身する。
(ちなみにこのファイズブラスター、何故か入手方法が宅配便で送られて来るというものであったとよく誤解されており、かつてこの記事でもそう書かれていた。実際の劇中では、謎の人物(説明はなかったが、設定やストーリー上からほぼ間違いなく花形の配下の者)から真理に託されたと説明されている。)
フォトンブラッドがフォトンストリームではなくボディスーツ全体に循環するため、フォトンストリームが黒く、全身が赤くなるのが特徴。この形態は、スーツ自体に高出力のフォトンストリームが流れている。いわば人の形をしたクリムゾンスマッシュが歩いているようなものであり、下級オルフェノクは近づいただけでダメージを受け、触れた瞬間灰化・死亡する。
本来フォトンブラッドは、使用するオルフェノクにとっても諸刃の剣と呼べる物である為に、当然誰でも変身できるわけではなく、上級のオルフェノクで無ければ即座に死亡してしまう危険性を持っている。事実、この形態を使用し続けていた巧は、確実に命を削られる事になっており、徐々に灰化の傾向が見られていた。
スピードに究極特化したアクセルフォームとは逆に、パワー出力・防御力・武器の火力に対して強化が施されている。その進化は、通常形態のファイズを軽々殴り飛ばした仮面ライダーオーガ相手に肉弾戦で競り勝った程。
クリムゾンスマッシュの威力も強化されており、オーガの必殺技と競り合いを行った際、通常では自身を包み込む程度の大きさだったマーカーが、大型施設1つを覆い尽くさんばかりの規模でエネルギー波の広がりを見せた。

背中のユニットによって空中浮遊も可能。
ファイズブラスターは「フォトンブレイカーモード」で斬撃、「フォトンバスターモード」でエネルギー弾による射撃攻撃ができる。
作中での登場シーンの少なさと、巧のファイズブラスターの扱いのぞんざいさが有名。
また、スペックだけで見れば仮面ライダーフォーゼコズミックステイツが現われるまで平成ライダーの最終フォーム中最弱で、必殺技の強化クリムゾンスマッシュ(ブラスタークリムゾンスマッシュ)の衝撃力は、仮面ライダーキバエンペラーフォームの通常キック一発と同等の数値。(にも関わらず平成ライダーの最強フォーム中最も苦戦率が低く、アークオルフェノク以外の敵を完全に圧倒していた)
ただし、ブラスターフォームの真価として「フォトンブラッドの猛毒と高熱によって敵の肉体を蝕む(速い話が防御力が無限大でも当たりさえすれば死ぬ)」事が上げられるので、殺傷力の高低に関しては、一概に結論を出す事ができない。

ブラスターフォーム



設定上はアクセルフォームと併用可能らしい。(アクセルブラスターフォーム
しかし、ただでさえ負荷が大きい2つのフォームを重ね合わせるため使用者が持たない。


カタログスペック一覧表

パンチ力キック力ジャンプ力(ひとっ跳び)走力(100m辺り)
基本2.5t5t35m5.8秒
アクセル3.75t7.5t52.5m0.0058秒
ブラスター4t8t55m5秒


オートバジン

ファイズの使用するバイク
当初はヒロインの園田真理が搭乗していたが、あるエピソード以降は巧が譲り受けて使用している。

ファイズフォンに専用コードを入力することで、人型のバトルモードへ変形する。
前輪は左腕に装着されとなりガトリング砲にもなる。
作中ではファイズのピンチに自動的に変形して駆けつけ、ファイズごと敵を攻撃するという活躍をみせている。
当然、後でファイズに怒られた。
それ以降はピンチに陥るファイズと敵の足元に弾丸を撃ち込み救出する、といった程度に留められている。

555&オートバジン



ジェットスライガー

陸・海・空を制覇する大型バイク。
空中・水中も移動できる他、車輪が様々な方向へ傾き平行移動も出来る等、一般車両の常識を覆す高機動バイク。
多数のミサイルを搭載するなど強力な兵器のはずなのだが、ファイズが搭乗した際にはあっさりと破壊されてしまった。
それも全て乾巧って男の仕業なんだ。
ちなみに特定のライダーギア専用のマシンではなく、それぞれのライダーギアから『3821』のコードを入力することで呼び出すことが可能。

仮面ライダーディケイドでは

変身者は尾上タクミ(演者は制野峻右)。ファイズの世界にあるスマートブレイン学園高校の生徒。
内容に関しては彼自身もオルフェクであることからほぼ原典である乾巧とかわらない。

魔宝石のファイズ

仮面ライダーウィザード』第52話では魔宝石世界の住人である謎の少年がライダーリングを使って仮面ライダーカブトと共に呼び出した。ワームサナギ体に襲われる操真晴人子供たちを守るように言い放つが、カブト共々「あんたたち、上から目線だなあ」と言われてしまっている。その後成虫に進化し、クロックアップしたワームをアクセルフォーム迎撃し、カブトとダブルライダーキックを決めて撃破した。
その後アマダム召喚されて捕縛されてしまうがディケイドとウィザードによって解放され、怪人軍団を蹴散らす。巨大怪人戦ではノーマルのままファイズブラスターを使用してTレックスを迎え撃ち、響鬼ダブルルナトリガーとの合体技で撃破した。

ガンバライド

第3弾で初参戦。
クリムゾンスマッシュが必殺技のLR(最高レアリティ)と
グランインパクトが必殺技のSR(準最高レアリティ)が登場。
続く第4弾では必殺技にスパークルカットが追加。

第8弾ではアクセルフォームが参戦。必殺技は「アクセルクリムゾンスマッシュ」。
劇中の設定を反映して、通常はノーマルファイズで、必殺技使用時のみアクセルフォームに変身する。

001弾ではブラスターフォームが参戦。必殺技は「フォトンバスター」。

全て初参戦はLR(最高レアリティ)であり、3フォームLR化はガンバライド稼動以前(仮面ライダーキバ以前)に登場したライダーの中では初の快挙だった。

ガンバライジング

ガンバライジングでは1弾から参戦。
フォンブラスター持ちで必殺技にスパークルカットの登場。

その後6弾では、「仮面ライダー大戦」で大きな活躍をしたのか本人ボイスでアクセルフォーム&ブラスターフォームがLR(アクセル)、LREX(ブラスター)として参戦。開幕からRP+3(但しデメリットとしてチーム全体のライジングコストが+1)、そしてどちらも強力なバースト(裏面)アビリティを持つ強力(すぎる)カードとなったが、ナイスドライブ弾で「カウンター」等の何らかの対策がされた模様。
アクセルフォームの必殺技は「アクセルクリムゾンスマッシュ」。ガンバライド同様、必殺技使用時のみ変身する。
ブラスターフォームの必殺技は「フォトンブレイカー」。ガンバライドと違う必殺技が採用されるのは珍しい。
ナイスドライブ5弾では『フルフルフルスロットルキャンペーン』の一枠で表面からブラスターフォームのカードが登場。
バッチリカイガン1弾では久々に表面ノーマルファイズのSR(バースト後はアクセルフォーム)で登場(アクセルフォームはガンバライドを通じて初めてのSR化である)。因みにこのSRの表アビリティがチームタイリョクが5500以上の時にコウゲキ・ボウギョ・ひっさつが500アップするという5が3つ並び(555だけに)なのはスタッフの遊び心か?
バッチリカイガン6弾では『最強!ライジングバーストキャンペーン』の1枚として再び表面からブラスターフォームで登場。バーストアビリティはチーム全体のゲキレツアイコン+1に加えてRP10以上のとき、チーム全体のゲキレツアイコンのAP+100と前述のLREXに引けを取らない能力である。
バッチリカイガン弾が終わり、メインライダーがエグゼイドとなった
ガシャットヘンシン2弾では待望の通常形態クリムゾンスマッシュをバースト必殺技に引っさげて再びLRの一枠として参戦。
しかも「テクニカルバトルにパーフェクトで勝った時」と難しい条件付きではあるが表面からチーム全体のゲキレツアイコン+1。一度だけチーム全体のゲキレツアイコンのAPを+100というかつてのLREXブラスターフォームを彷彿とさせるようなとんでもないアビリティ持ちである。
(しかもこの効果、ブレイカーや一部のアビリティで打ち消されない限り永続して発動する)
素手アイコンなのでかつてナイスドライブ弾での登場以降全国対戦で猛威を振るったLR(及びLREX)マッハやシフトバーストCPドライブとの相性もバッチリである。
このようにLRでの参戦以降やたらファイズはゲキレツアイコン強化のアビリティが多く、ガンバライジングで「ゲキレツアイコン強化といえばファイズ」と言っても過言ではない。

バトライド・ウォーシリーズ

初代よりプレイアブルキャラクター。クリムゾンスマッシュは空中からポインターを照射するタイプと、地上でのキックから照射するタイプ(『2』以降)があり、高い威力に加え敵にヒットしている最中は無敵という優秀技。ザコ、ボス戦共に重宝する。
攻撃を当て続けることで10秒間だけアクセルフォームへと変身、この間は敵の動きがゆっくりになり、クリムゾンスマッシュも作中と同じくポインターが複数出現するようになる。
超必殺技はブラスターフォームによる超強化クリムゾンスマッシュ。ファイズブラスターによる強力な遠距離攻撃で敵を圧倒できる。

デザイン

デザインモチーフはサメとされるが、これは後付であり、実際には「子供が絵を描きやすいように」という配慮から、丸、三角、直線、といった単純なラインだけで描ける顔というコンセプトが先に決まっていた。

結果、顔の大半が眼で占められるという奇抜なデザインとなり、前番組の仮面ライダー龍騎に続いて、「仮面ライダーらしくない顔の仮面ライダー」をさらに推し進める形になった。

関連タグ

仮面ライダー555 555 ファイズ
乾巧 アクセルフォーム ファイズブラスター ブラスターフォーム
仮面ライダー大戦
スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー4号 シグナルレジェンドファイズ
南条光アイドルマスターシンデレラガールズの登場人物。「小さな英雄」の特訓後にて着ている衣装がファイズのオマージュではないかと言われている。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーファイズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1138239

コメント