ピクシブ百科事典

スマートブレイン

すまーとぶれいん

『仮面ライダー555』に登場する巨大企業。平成一期では珍しい「悪の秘密結社」の体裁をとっている組織。
目次[非表示]

概要

はじめに書いておくと、オルフェノクは人類から進化した種族であり、今までのライダー怪人のように世界征服を狙っているわけではない。
スマートブレイン社は家電から食品に至るまで様々な事業を手掛ける大企業だが、裏ではオルフェノクの支援を行っている。社員、特に上層部はほとんどがオルフェノクである。
仮面ライダーに変身するためのアイテム「ライダーズギア」を開発したのもスマートブレインだが、これは本来「オルフェノクの王を護衛する戦士の鎧」として作られたものである。
ただし、作中に登場する全ての敵オルフェノクがスマートブレインの傘下に属するわけではなく、はぐれオルフェノクも多く登場している。

仮面ライダーディケイドでもやはり大企業として登場。「ファイズの世界」の舞台は、スマートブレインが経営する高校になっている。

主な所属者

ほぼ全員オルフェノクである。

社長

幹部


配下のオルフェノク(○はラッキークローバーの配下のオルフェノク)

スティングフィッシュオルフェノク
エレファントオルフェノク
オックスオルフェノク
カクタスオルフェノク
マンティスオルフェノク
スクィッドオルフェノク
スカラベオルフェノク
スコーピオンオルフェノク ○
ワームオルフェノク ○
シーキュカンバーオルフェノク ○
ソードフィッシュオルフェノク
ライノセラスビートルオルフェノク
スタッグビートルオルフェノク
ピジョンオルフェノク ○
バーナクルオルフェノク
オクラオルフェノク ○

バタフライオルフェノク
ワイルドボアオルフェノク
ペリカンオルフェノク
スラッグオルフェノク
ライオンオルフェノク
モールオルフェノク
ムースオルフェノク
エラスモテリウムオルフェノク

黒幕

映画仮面ライダー555 パラダイス・ロスト』にのみ登場したスマートブレインの実質的な支配者と思われる3人の人物。
3人とも壮年の男性で、劇中、頭部のバーチャルビジョンのみしか登場しておらず、諸事情から頭だけの姿で辛うじて生き残っていた村上峡児に指示などを出していたが、それ以外の出番はなく、結局その正体は謎に包まれており、その後の顛末も不明のままである。
ちなみにこの3人の男性を演じた納谷悟朗氏、飯塚昭三氏、加藤精三氏はいずれも昭和ライダーシリーズにおいて悪の組織の首領または大幹部を演じた経験のある人物である。

ちなみに映画はパラレルワールドが舞台となっているため、TV本編のスマートブレインの背後には彼らは存在しないのであしからず。

余談

HEROSAGAウィザード編』『ディケイドオーズ&鎧武の世界編』でもお遊び的に存在が語られた。
鴻上ファウンデーションユグドラシル・コーポレーションと共に「日本三大何をやってるのかわからない企業」という括りで呼ばれている。

なお、平成二期では他に『フォーゼ野座間友子の紹介する都市伝説)』『ウィザード(本編最終回後の特別編)』『春の大戦映画』『仮面ライダー4号』などでファイズの存在が確認されており、ファイズギアがスマートブレイン製という事実から考えるとこれらの世界にもスマートブレインは存在する(していた)可能性が高い。

漫画版初代ライダーの続編である『仮面ライダーEVE』では仮面ライダーガイアの使用するバイク「クルセイダー」に使用されているパーツの開発元として登場。

関連項目

腹黒企業
ユグドラシル・コーポレーション イースター社・・・幅広い事業展開をしている悪徳企業という点では似た者同士。

TV版

仮面ライダー555 流星塾 悪の組織 大ショッカー
仮面ライダーファイズ 仮面ライダーデルタ 仮面ライダーカイザ
アークオルフェノク 

劇場版

パラダイス・ロスト ライオトルーパー 
仮面ライダーサイガ 仮面ライダーオーガ

pixivに投稿された作品 pixivで「スマートブレイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 27486

コメント